*
とじる
*
とじる
*
とじる

創業70年以上!地域に根付く饅頭店「ばんざい饅頭本舗」の昔懐かしお饅頭

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

古い街並みが魅力の新町界隈で、創業から70年以上続く老舗和菓子店「ばんざい饅頭本舗」。

歴史ある和菓子・饅頭店で、甘酒饅頭・やぶれ饅頭・桜饅頭など、我々にもお馴染みの定番饅頭を70年以上に渡って作り続けています。


昔ながらの懐かしい甘味がいっぱいのお店!

場所は、

超ロングセラー菓子がこの「せんば若鮎」。求肥を包んだ皮に鮎の焼き印を入れた和菓子で、今でも午後には売り切れてしまうことが多い人気商品です。

やぶれ・黒糖・桜など、熊本人なら口にしたことがある馴染みの饅頭が揃っていました。

他にも、いきなり団子やイチゴ大福なども販売しています。

超ベテランのお母さんも店頭に立ち、長年の馴染みの地域のお客さんと交流するのが長生きの秘訣だとか。

元々は催事用の引き菓子なども多く作っていたそうですが、今は受注創作和菓子は休止して、店頭売りの饅頭を中心に営業しています。

お土産にもぴったり!彩り豊かなお饅頭

独特なマークが並ぶお店の包装紙。

こうやって詰め合わせにすると、お土産にもぴったり!

やぶれ饅頭は、小麦粉で作った皮のところどころから、中のアンが見える薄皮まんじゅう!

薄皮にめいいっぱい餡が詰まったお饅頭です。餡自体も甘すぎずまろやかな味わいで、老舗ならではの味でした。

ピンクの色合いが美しい桜餅も絶品!中央の桜の模様も一つ一つ丁寧に手作りしてあり、職人の技が輝いています。

昔ながらの正統派の大衆和菓子の味をいつまでも

70年以上の歴史がある老舗和菓子・饅頭店。饅頭ひとつひとつの繊細さは流石に素晴らしいの一言です。

手軽な贈答用としても最適なお饅頭。いつまでも残ってほしい良店でした。

■ばんざい饅頭本舗■

住所:熊本市中央区新町2-8-7

営業時間:9:00~19:00

定休日:日曜日

電話:096-352-7929

地図

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal