*
とじる
*
とじる
*
とじる

特別な日に行きたい。山鹿にある「ビストロネージュ」は、お庭から手作り!空間からお料理まで、シェフのこだわりがとにかくすごいお店だった!!

ライター:なめ子 なめ子

和洋中と様々な飲食店がありますが、中でも気を遣うのはフレンチ。なめこです。

気軽に味わえるランチとは異なり、フレンチのディナーなんてそもそも何を着ていけばいいのか、マナーもよく分からない、と未知の領域です。

それなのに「よろしければディナーにこられませんか」と言われ、震えながら山鹿の「ビストロネージュ」に行ってきました!


山鹿にある「ビストロネージュ」にTシャツで来てしまった

なめこです。今回は、コース料理を堪能すべく、気合いを入れてきました。服はどうしたらいいのかと迷いに迷い、一周回ってTシャツで来てしまいました。

今回お邪魔したのは、田舎の隠れ家レストラン「ビストロネージュ」。フレンチって言葉だけでとんでもなく緊張していたのですが、とても趣のある空間。なんだか落ち着くくらいです。場所は、山鹿市杉。国道3号線から、細い小道へ入り込んだところに、1軒の建物がある、そこです。

店内は、テーブル席に、カウンター、個室もありましたよ。

ボトルワインは、常に30種類以上を常備、3000円前半から頂くことが出来ます。

あれ、その他のお酒も居酒屋と同じ価格帯。

そして、気になるのが、梅酒飲み放題!珍しいですよね。毎年お庭になる梅で作った自家製梅酒で、3年以上熟成された梅酒を頂けるそうです!なんと梅の木を自ら育て作られたんですって。

今回いただくのは頂くのは、シェフおまかせコース(6300円~)。お肉、お魚が楽しめるフルコースであります。こんなに、贅沢なコース料理を食べるのは初めてで緊張しております!

特別な日に食べたい!ディナーを堪能。

緊張していたところ、すでに1品目の前菜がきました。とてもお洒落!

21歳なめこ。前菜を前にすでに固まっております。気合を入れ直して、頂いていきましょう。

とうもろこしのムース。なめらかな食感、クリーミーで癖になる味です。

白インゲン豆とクスクスのパートブリック包みは、サクッとしていて満面の笑みがこぼれるほどの美味しさ。

黒胡椒のマカロンは、中に生ハム、ドライイチジク、クリームチーズが入っており、全てがうまく融合し、美味!上に乗ったクリームチーズと愛称抜群のチーズサブレをパクリと食べ、前菜を完食。

天使海老を使った菜園仕立て。お野菜は地元、山鹿で採れたものです。エビは、ぷりっぷりっでもうこれだけで、大満足。こんな贅沢していいものか、不安になってきましたが、せっかくなので贅沢を楽しんでいきます。

続いて、自家製のごまとクルミのパンに豆乳パンが出てきました!

ハーブオイルをかけて頂きます。贅沢~!パンも自家製で焼いてるって凄いですよね。どちらもふわふわで優しい味。豚肉のリエットやタプナードも添られているので、味変も楽しめますよ。

かぼちゃのスープです。美しすぎて言葉が出ません。

香り豊かで、かぼちゃの甘みが口いっぱいに広がります。深みのある味です。

こちらは、コウコ鯛とホタテ貝のポワレ。シェフ自ら市場に足を運び、厳選された魚を使用しています。魚がこんなに上品で、美味しいお料理になることに感動。素材を十分に生かしたお料理が頂けるのは嬉しいですよね。

続いて、鴨胸肉のローストです。スパイスと蜂蜜のソースがかかっています。頂きます。

お肉柔らか!!ナイフがすっと入っていきます。

ナッツと食べることによって、食感がさらに楽しめる!

付け合わせのお野菜も、素材の甘みがしっかり引き立っていてこれまたおいしい。流石、シェフの味は違います。

スペシャルデザートの桃のスープ仕立て。これもまた、美しい!見た目から楽しむことが出来ます。毎年提供されていますが、今年は、桃の香りと色を楽しめるように改良してあるそう。シェフの、向上心を常に忘れない熱い思いを感じることが出来ます。自家製の白桃、レモンのアイス、爽やかなミントのジュレテュイルが食べ進めるうちに混ざり合い、とても爽やか!さっぱりしていて、夏にぴったりのデザートです。

小菓子が出てきました。そして、コーヒー、紅茶、エスプレッソの中から紅茶をセレクト。このお洒落な小菓子までシェフ手作りって凄すぎる。どの小菓子も一流パティシエの味。ここまで手作りで、こだわっているコース料理他にあるんでしょうか!!なめこは、感動が止まりませんでした。

最後に紅茶を、ゆっくり飲んで、誇らしげな表情。贅沢なコース料理を堪能して、21歳なめこ、大人の階段をまた1つ登ったという達成感に満ちあふれております。

まとめ

ドキドキしながら初フレンチのディナーを堪能してきました。事前に「全くマナーとか分かりません」とシェフに泣きついたのですが

「大丈夫ですよ。是非、気軽に来てください!」

と、優しいお言葉!

また夜は、お庭がライトアップされて幻想的な空間を楽しむことが出来ました。

空間を大切にされているのは、お客様の五感を刺激し、より楽しんでもらうためなんだとか。オープンキッチンから聞こえる調理音から空腹を感じ、見た目・匂い・味・食感で満足させる。まさに、五感を刺激するものばかりの贅沢な時間でした!

是非、特別な日に行かれてみてください!

ビストロネージュ

住所

〒861-0552 熊本県山鹿市杉320-1

営業時間

11:30~15:00 18:00~22:00

定休日

水曜日

SNS

Instagram

電話番号 0968-41-5219

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

なめ子

なめ子

ふっ軽代表21歳。好きなものは、ビール。いつも食べ飲み歩きしてます。チャームポイントは、21年間虫歯0の歯です。

このライターが書いた他の記事

特別な日に行きたい。山鹿にある「ビストロネージュ」は、お庭から手作り!空間からお料理まで、シェフのこだわりがとにかくすごいお店だった!!

2021.08.29

菊池にある「ひまわり食堂」でボリューム満点!”どっかりこなくて、飽きずに食べやすい”トンカツを頂く!

2021.08.16

土・日・月のみ営業!南小国にあるカフェ「森の時間」でゆったりした時間を満喫!

2021.08.10

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal