*
とじる
*
とじる
*
とじる

【阿蘇郡南阿蘇村】肉を食べるためのハンバーガー!?「DENORY’S DINER (デノリーズ ダイナー)」の赤牛100%ハンバーガーがジューシーでリピート必至!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは、川上です。

肉料理というと何を思い浮かべますか?

ステーキ?焼肉?

ここにぜひハンバーガーを推したいと思います。

南阿蘇村にある「DENORY’S DINER (デノリーズ ダイナー)」。

こちらのお店で食べられるハンバーガーはお肉の存在感が強すぎる!

お肉を食べるためのハンバーガーでした。早速ご紹介します。


南阿蘇村にある「DENORY’S DINER (デノリーズ ダイナー)」

お店があるのは阿蘇郡南阿蘇村河陽。国道325号沿いです。近くには「南阿蘇自然派ソフト」などお店が集まっている中の1つです!

ログハウスのような外観。アメリカンな雰囲気が漂っていておしゃれ!

中もアメリカンな雰囲気全開!

インテリアがポップで賑やか。大人ながらワクワクしていまいます。

お席同士が離れていて、周りが気にならない空間作りがされているのが嬉しいポイント。小上がりスペースもあってのんびり食事を楽しめます。

こだわりのジャンクフードがずらり

メニューはハンバーガーをメインとして、ホットドック、ビバライスが並びます。

ビバライス…?和牛と醤油のコラボライスだそう。美味しそう…。

その他にも単品メニューやピザもあるので大勢でシェアするのもおすすめです。

魅力的なジャンクフードですが、お肉や醤油、お米は阿蘇のものを使われていて材料にこだわられています。

赤牛100%のハンバーガー

デノリーズバーガー(ポテト・ドリンクセット)1,530円

お店の名前が付いているメニューに間違いない!そう思い、デノリーズバーガーをいただきました。

かぶりつけない程の高さのあるハンバーガー、具材もたっぷり挟まれていて今にもこぼれ落ちそう。

ふかふかのバンズには、赤牛100%パティ・自家製ベーコン・トマト・レタス・チェダーチーズが挟まれていてとってもボリューミー!

ベーコンもこんなに!ああ涎が・・・

ハンバーガーを頬張ると、口の中がお肉!

粗挽きで噛むほどにジュワッと広がる旨味。赤牛ならではの濃い味は『あ、私いまお肉食べてる!』と幸せになります。

自家製ベーコンは、端がカリッとしていて中はジューシー。最高です。

もちろん、野菜もシャキシャキだし、パンもふかふか。だけどこれは肉を食べるためのハンバーガー。

セットのポテトも、細いながらホクホク。塩加減が最高です!

リピート必至のお店

南阿蘇村にある「DENORY’S DINER (デノリーズ ダイナー)」。こだわり食材のジャンクフーどが楽しめるお店です。

その中でも人気メニューのハンバーガーはリピート必至の美味しさでした。実際に常連さんも多いとのこと。

アメリカンな空間でジューシーなお肉を楽しむために行ってみてはいかがでしょうか。

DENORY'S DINER (デノリーズ ダイナー)

住所

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽3814−1

営業時間

11:00~18:00

定休日

水曜日

電話番号 0967673307

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【菊池郡菊陽町】雑煮がおすすめの中華料理店「剣舞双(けんぼうそう)」で島原名物!?を食べてきた。

2024.05.29

【熊本市東区】ガツンと肉!つなぎなし黒毛和牛100%ハンバーグが最高すぎ「平家の郷」

2024.05.21

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal