*
とじる
*
とじる
*
とじる

海外のマルシェに参加したつもりで英語でやり取りしよう!という趣旨のEnglish Market Vol.3が11月11日(日)に熊本市中央区万町の「早川倉庫」で開催されます!入場料は大人500円(18才以下は無料)


足を踏み入れた瞬間から外国のマルシェ!お客も店員も英語!

写真は前回の模様

このイベントは、英会話教室を開いている日本在住のアメリカ人の方が、英語に親しんでもらおうと企画。過去2回の開催も大盛況で、今回3回目の開催です。

会場では、意思疎通は英語とジェスチャーで買い物をします!

海外旅行でマルシェやお店に1人で訪れたら、仮に英語がわからなくても、なんとか買い物しますよね?そんな環境を熊本内で体験できる場所として、大変好評のようです。

出店ブースも素敵なお店が沢山!

写真は前回の模様です。グルメブースには料理自慢のさまざまなお店が多数の出店!肥後ジャーナルでも紹介した「修行咖喱」や、「無垢」の出店もあるようです!

このような店舗の店員との会話のやり取りも全て「英語」!

留学を考えている学生さんとか、英会話教室に通われている方など、英語の実践を試せる場としては大変良い機会だと思いますよ。

写真は前回の模様

会場内で行われる音楽ライブなども当然アメリカンソングです!

まさにこの会場だけはアメリカ村のような感じです。

英会話を楽しく学べる!とても魅力的なイベントです!

私は喋れないから…と怖気付く必要はありません! 会場内には「バイリンガルボランティア」さん達が巡回していますので、言葉に困ったら優しく対応してもらえます。

でも自身の英語は完璧でなくても全く問題ないそうですよ。極端にいえばYesとNoだけでもOK!なるだけ頑張って自分で英語を楽しみましょう!

外国の方々のスタッフやお客さまも多くいますので、なかなか熊本内では体験できない異文化交流も実現できそう!

純粋にマルシェイベントとしても楽しめるようですので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

■English Market Vol.3■

開催日時:11月11日(日) 10:00〜16:00(入場締め切り〜15:30)

会場:合名会社早川倉庫

住所:熊本県熊本市中央区万町2-4

入場料:500円(18才以下無料)

地図

イベントのFacebookページはこちら!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

「よかよか」各店のあか牛丼食べて10万円貰おう!~参加しない理由がそこにはない~

2020.07.18

7/18オープン!コロナ対策もバッチリな「エミナースプール」で今年もたっぷり遊ぼう!

2020.07.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal