*
とじる
*
とじる
*
とじる

【ゲーム好き必見】世界同時開催「グローバルゲームジャム」が今月熊本で開催されるぞ!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

1月26日〜28日に熊本で世界的なゲーム制作のイベントが開催されるとのことで、その詳細に迫ってみました。


グローバルゲームジャムってなに?

グローバルゲームジャム(以下GGJ)とは、世界各地で同時開催されるゲーム開発イベントです。各国の会場に参加者が集まり、小グループに分かれゲームを制作します。毎回、世界共通のテーマが発表されるので、それにそった作品を作ることが条件になります。プロのゲームクリエイターから学生まで、18歳以上であれば、誰でも無料で参加OKのイベントです。

2017年は、世界701の会場で36,401人が参加し、7,263作品のゲームが制作されたそうです。

ゲームジャムの流れ

制限時間は48時間。小グループを作って、発表されたテーマにそってゲームを作っていきます。ちなみに、昨年のテーマは「Waves」(波)。最終日は、各チームで制作したゲームの発表やプレゼンを行います。

制作したゲームは、公式サイトに公開され、誰でもプレイすることが可能になります。

主催者に話を聞いてみた!

まだまだ謎が多いので、熊本のGGJ主催者の矢野さんに、お話を伺ってみました。

―金曜日は仕事等で参加できないという人もいそうですが、GGJはどのような流れで進むのでしょうか。

「26日は18時からオリエンテーションやチーム決め、27~28日にゲーム作り、最後に打ち上げ、という流れなので、26日は遅刻してきても大丈夫ですよ!1日だけの参加や、リタイアも大丈夫なので、軽い気持ちでご参加ください」

―ゲームなんて作ったことない!という人の参加も大丈夫なのでしょうか。

「ユニティ等の簡単にゲームが作れるソフトを使ってゲーム作りをするので、経験がない人でも安心です。プログラムの知識はないけど、ゲーム音楽やデザインに興味がある、といった人の参加も歓迎です」

―48時間通しでやるとのことですが、食事や睡眠はどうなるのでしょうか。

「ほぼ徹夜で作業するチームもありますが、夜は帰宅して十分休んでOKです。食事は各自になりますが、お菓子やエナジードリンクなどが、協賛各社から提供されますよ」

―昨年参加された感想を聞かせてください。

「GGJは、いろいろな参加者と一緒にゲームを作るので、自分ではできないことに挑戦できるメリットがあります。昨年は、ミュージシャンがいたので、音関係のゲームを作ったんですよ」

様々な人との出会いもあり、可能性が広がりそうなイベントです。

まとめ&申し込み先

年に1度、九州では福岡と熊本でしか開催されないグローバルゲームジャム。ノートパソコンがあれば、誰でも参加できるイベントとのことなので、ゲームが好きな方、将来ゲームを作ってみたいと思っている方は、参加してみてはいかがでしょうか。

申し込みフォーム
https://kumauni.connpass.com/event/74241/

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal