*
とじる
*
とじる
*
とじる

化学調味料ゼロの超本格派!「韓国料理はるはる」でいただける本物の韓国料理

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

チヂミにビビンバにキムチに…と、たま~に無性に食べたくなる韓国料理。

せっかく食べるなら、本場の味を楽しみたい!という方にもピッタリ!あの「チャングムの誓い」で監修をされた、韓福麗先生のもとで修業をされたオーナーが作る、超本格派の美味しい韓国料理をいただけるお店が、保田窪にありました!


かわいいおうちみたいな落ち着くお店

熊本市中央区保田窪にある、韓国料理はるはる。

こちらのロゴは、「1日1日」を模したもので、「毎日を大切に頑張っていこう」という意味が込められているのだとか。

外にはテラス席もあり、あたたかい日は日向ぼっこもかねて、外で食事するのも気持ちよさそうです。

お店の中もアットホームな雰囲気で、気取らず料理を楽しむことができます。

ドライフラワーやインテリア、照明もかわいくて、女子好み!清潔感があり、上品な雰囲気です。

月に3日間のみの月替わりイベントランチ

こちらのお店では料理教室もされており、オーナーの金仁榮さんが、化学調味料や防腐剤を一切使用せずに作る、宮廷料理をベースとした薬膳・精進料理を教えられています。お店は毎日開いているわけではなく、毎月、月末の木金土の3日間だけ、月替わりのイベントランチが1,500円で食せます。

1月のイベントランチは、テジカムジャタン。こちらは、豚の背骨とじゃがいもの煮込みになります。

大きな器に、ごろごろとした豚の骨付き肉がたっぷり!

骨から身を取りながらいただきますが、このお肉がもうホロホロで、とろける美味しさ!

エゴマの実をトッピングして食べると、栄養価も上がり、美味しさがさらに引き立ちます!

こちらのスープには、ニンニクやコチュジャン、玉ねぎなど、たくさんの野菜や薬味が使われていて、とっても深みのある味わいです。豚肉も血抜きしたり、丁寧に下処理からされており、時間と手間暇かかった一品です。

自家製のきゅうりや白菜のキムチも美味しくて、添加物や化学調味料は一切入っていないので、ごまかしのない、野菜本来の味が楽しめます。

サラダのドレッシングにも刻んだアーモンドが入っていたり、どのお料理も丁寧に作られています。

最後は、テジカムジャタンの中に、圧力鍋で炊いているというもっちりした雑穀米を入れ、雑炊風にしていただきました!心も体も満たされる満足ランチでした。

心喜ぶ、体喜ぶ!

食後はお茶も出してくださり、この日のお茶はケツメイシ茶。

「ケツメイシ」というと、音楽グループを真っ先に思い浮かべてしまう世代ですが、こちらはエビスグサという食物の種子のようです。ちなみに、音楽グループのケツメイシも、薬科大出身のメンバーが、薬の辞典を開いた時に目についた言葉をグループ名にしたようです。ケツメイシ茶は、疲れ目に良いと言われており、整腸作用もあるのだとか。

月に3日間のイベントランチ以外でも、1週目と4週目であれば、予約すれば宮廷料理のコース(2,500円)も食べることができます。オーナーの金さんは、料理研究家、韓国料理技能師、日本調理師、茶道専門教育師等、たくさんの資格をとられており、韓国宮中料理研究院で人間国宝の韓福麗先生のもとで修業されたという経歴の持ち主。

その料理の腕は本物で、優しく丁寧な接客も心地よく、ゆったりと食事を楽しむことができます。

お店を出るときに、扉に書かれているハングルが目に飛び込んできましたが、こちらは、「とても素敵なあなたに出会えて、今日も幸せです」という意味だそう。

「こちらこそ、素敵な金さんの美味しい料理をゆっくり味わうことができて、幸せです」と、あたたかい気持ちになれるお店でした!

韓国料理 はるはる

営業時間

ランチ 11:00~14:30(完全予約制)

ディナー 18:00~21:30(完全予約制)

※予約は2日前までにお願いします。

※イベントランチの日程や内容については、Instagramをご覧ください。

定休日

不定休

駐車場

あり

Instagram

https://www.instagram.com/haruharu_kumamoto/

電話番号 080-1718-8300

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

ホルモンジュージュー食べ放題&卓上レモンサワー飲み放題!ポップな「レモホル酒場」

2022.08.30

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal