*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市中央区】10種から選べる干物を心ゆくまで。「ひものキッチン本店」6月1日オープン!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。

焼き魚を上手に食べる事に定評がある川上です。(異論は認めます)

焼き魚ってたまに無性に食べたくなりますよね。

6月1日に新市街にオープンした「ひものキッチン本店」はその名の通り、干物がメインのお店!

お魚が美味しいお店、などはよく聞きますが干物専門とは珍しい。早速行ってきました!


新市街に6月1日オープン!

「ひものキッチン本店」は6月1日に新市街にオープン。場所はベスト電器となり、カレー屋さんのあるビルの2階になります。

10種類以上の干物を頂けるお店だそうです。たまりませんね。

お店は、入口から既にシックで落ち着きのある出で立ち。大人のご飯屋さんという感じです。

早速中へ入っていきましょう。

がっつりご飯としても、お酒のお供にも

中へ入ると、真っ先に目に入るのはショーケース。中にはたくさんの干物たち。定番の塩鯖縞ほっけに始まり、カマス赤魚など毎日約10種類が並ぶそうです。

まず、このショーケースの中から好きな干物をセレクトします。その際に、単品または定食を決めて注文するスタイルです。

定食にすると、小鉢メニューの中から好きなものを選べるそうです。

小鉢は定食によって選べる数が変わります。ちなみに、ご飯と味噌汁はおかわり自由という大判振る舞いなので、その分量も考えて定食か単品を選びましょう。

お得な定食にも惹かれたんですが、大きな干物を目の前にして完食できる自信がなかったので私は単品をお願いしました。

注文を終えたらお席へ。店内はオープンしたばかりでとてもキレイ。テーブル席に加えてカウンター席もあるので、ひとりでの利用もしやすいです。

アルコールメニューもあるので、飲みとしても利用できますね。お酒と魚って最高でしかない。

さらに、酒飲みさんに朗報です。せんべろメニューもあります。好きなドリンクが選べて3杯1,100円!生ビールも飲めるし、日本酒や焼酎も飲めちゃいます。

ど迫力の干物を思う存分楽しむ

干物の単品と一緒にせんべろも注文しました!まずお先に1杯目のドリンク(生ビール)がやってきました。

そしてこのせんべろカードも2枚もらえます。お酒飲んでもいいんだよっていう免罪符のよう。

魚を待てずに先にビールを飲んでいるとセレクトした干物の単品が登場。

塩鯖の開き(単品)715円

運ばれてくると…やはり大きな干物。魚一匹がまるごと焼かれています。ど迫力です。

普段、魚をまるごと見る事があまりないので、こんなに大きいのかとびっくりします。

そして、とっても肉厚。想像以上のボリュームです。

テーブルには醤油とポン酢が常備してあるのでお好きな方でどうぞ。

箸を入れるとこの弾力。肉厚の上に身もぎっしり詰まっています。

ぷりっぷり。そして、しっかり脂が乗っています。

最高。お魚さんありがとう。

しっかり塩っけも感じます。ご飯も進むし、お酒も進む。

備え付けの大根おろしも最高です。

皮もパリッパリなのでこれは酒の肴。

あっという間に1杯目を飲み終えてしまいました。

2杯目はメガこだわり酒場のレモンサワー。メガサイズも頼めるの?歓喜ですね。

ちなみにメガはジムビームハイボールもありました。

そして、メガという名に恥じない程たっぷりと入ったレモンサワー。生のレモンも入っています。

レモンサワーと干物、合わないわけがないですよね。箸がどんどん進みます。

醤油とポン酢でちょっと味変をしながら頂くと全く飽きないんですよ。

脂の乗った干物でも無限に食べられるのではと錯覚してしまうほど。

メガレモンサワーもなくなり、3回目は日本酒(瑞鷹 芳醇純米酒)。

ここで焼酎のロックグラスになみなみと注がれた日本酒の登場。ちょ、サービス良すぎませんか。

ありがたや~と呟きながら干物と一緒に頂きます。最後はだんだんと細くなっていく干物と一緒にちびちびやっていきます。

完食!もうお腹いっぱい過ぎる。私は干物だけでもかなり満足でした。

そして完飲です。

干物をたっぷり堪能できるお店

6月1日にオープンした「ひものキッチン本店」。

県外にいくつもある干物がメインのお店からヒントを得て、熊本にもこんなお店が欲しいとオープンさせたそうです。

今回頂いた塩鯖の開きは、身がしまっていてぷりぷり。そして脂が乗って絶品でした。お酒がどんどん進むので、お酒好きさんはせんべろがおすすめです。

7月からはもっとメニューが増えていくそうなので、今後も楽しみですね!

ひものキッチン本店

住所

熊本県熊本市中央区新市街9-5
ドゥアンドディオール新市街ビル2階

営業時間

月~水 11時~15時
木~日 11時~15時/17時~22時

Instagram

https://www.instagram.com/himonokitchen/

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【阿蘇郡高森町】大自然の中で自分の”やりたい!”を開放!「奥あそフルーツガーデン」で多種多様な体験にチャレンジ!

2024.04.13

【球磨郡湯前町】ド迫力の龍神様がいる「龍神ハナグリ石神社」で大自然に癒されました。

2024.04.09

【熊本市中央区】食べ応えあるのにヘルシー?「居酒屋やおっぱ」の野菜たっぷりカレーは毎日でも食べられる。

2024.04.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal