*
とじる
*
とじる
*
とじる

熊本地震で被災し休業を余儀なくされた「ふく泉 新市街店」が、解体後ビルを立て直しが済み、8月21日に同じ場所で営業再開されるそうです!


うどん・そばメインの居酒屋スタイルで営業!

「ふく泉 新市街店」の閉店のニュースは、当時肥後ジャーナルでもお伝えしておりました。

熊本市中央区新市街にあるうどんの老舗ふく泉が震災の影響により休業

新市街のふく泉といえば、街中のうどん・そばの名店。熊本地震でのダメージが大きく、建物は解体されました。

その後、営業ができず経営が厳しくなる中で、人気居酒屋チェーン「竹乃屋」などを展開する「株式会社タケノ」の企業支援もあり、JR熊本駅新幹線口の「肥後よかモン市場」内に「ふく泉」の新店舗をオープンされたした。

※同じく、「竹乃屋熊本駅ナカ店」も熊本県内初出店。

当初は新市街店を撤退して「肥後よかモン市場」に移転したのでは?という見方もされましたが、やはり「ふく泉」にとって新市街店はなによりも大切な場所だったようで、この度ついに復活が決まったようです。

建物は新しくなり、1階は木材を使用した温かみが感じられる店舗外観に!

あのふく泉の看板も健在です!

この場所にビルが建て直された時、どんなテナントビルができるのかな?と思っていましたが、その1階に「ふく泉」さんが再び復活しようとは!

以前と全く同じ場所に戻ってきてくれたからには、私もこれから強く応援していきたいと思います!

改めて「ふく泉」のこのマークを見ると、ついに復活したんだな!という実感が

やはり新市街には「ふく泉」!

写真は熊本地震前の「ふく泉」の建物。歴史ある建物には愛好者も多かったと聞きます。

新市街の復活店舗でいえば、熊本ラーメンの老舗「赤のれん」さんも6月に復活しており、いよいよ役者が揃ってきた感じですね。

「ふく泉」は、南区平田にある本店や、「肥後よかモン市場」にもありますが、やはり熊本人にとってはあの新市街店は特別な光景。再開はとても喜ばしいニュースですね!

■ふく泉 新市街店(8月21日オープン)■

営業時間:まだ不明(以前は、11:00~22:30)

定休日:まだ不明(以前は月曜日)

住所:熊本市中央区新市街1-15

電話:まだ不明(以前は096-356-8083)

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal