*
とじる
*
とじる
*
とじる

ほっこりくつろげてリーズナブル!子飼商店街の穴場的な居酒屋「一膳屋」

ライター:ちえ ちえ

新しいお店が続々と誕生し、いつも活気がある子飼商店街。その商店街の中で、ひっそりと13年間営業を続ける居酒屋「一膳屋」。訪れてみたところ、少し懐かしくて落ち着く、とてもリーズナブルなお店でした。


決して主張しない味のあるお店

子飼のスクランブル交差点側の入口から子飼商店街に入ると、すぐ左側にひっそりとたたずむ「一膳屋」。

大きな看板や入口の照明もなく、営業しているのかどうか不安になるぐらいの、少しあやしげなお店です。

正面からは見えない扉の奥に、手書きのくまモンが描かれたお店の案内があります。

店内は、手前に小上がり席が2テーブルあり、奥にカウンター、さらに奥には厨房があります。

壁にはお客さんとの写真が多数掲示されており、見ていると心が和みます。

新元号「令和」の張り紙もありますが、令和・平成どころか、昭和レトロを感じるような、落ち着く店内です。

リーズナブルなメニューの数々

メニューは、ざる豆腐200円、ニラ玉雑炊400円など、どれもリーズナブル!

本日のおすすめメニューも多数あり、こちらも500円前後とうれしい料金設定となっています。

手書きのアルコールメニューも味があり、どこか懐かしさを感じます。

ボリュームも味もバッチリ!定食にもできる!

いろいろ食べてみた中でもおすすめのメニューが、こちらの天ぷら盛り合わせ(650円)。

大きな海老が3尾に、きびなごの天ぷら!野菜は、さつまいも、かぼちゃ、ピーマン、人参、そして、写真からは見えない部分にナスとごぼうまであって、お値段以上のボリューム!

天つゆとエビ塩がついてくるのですが、このエビ塩がめちゃくちゃおいしい!天ぷらもからっと揚がっていて、思わず箸が進んでしまいます。

そしてこちらは、昔ながらのナポリタン。トマトが濃厚な甘めのソースと、細めのパスタがよく絡み合っていて絶品!具だくさんで食べ応えもあり、ほっとする一品です。

お酒に合うお刺身も仕入れによって日替わりで楽しめます。こちらのブリトロも、この量で680円と格安です。

また、メニューには書いてありませんが、一品料理に+150円でご飯と味噌汁、小鉢がついた定食にもできるそうです。お酒が飲めない人でも、ふらっと定食を食べて帰ることもできます。

まとめ

「一膳屋」は常連さんも多く、メニューを見ずに注文するお客さんも…。居心地がよくアットホームで、何度でも通いたくなるのも納得のお店です。定食もあり、飲めない人でも格安で楽しめるお得な居酒屋さんでした。

一膳屋

営業時間

18:00~23:00

定休日

不定休

電話番号 090-4484-4541
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

新屋敷にオープンしたばかり!パンチのきいたボリューム満点のラーメン「ねじれ麺 豪傑」

2019.09.11

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal