*
とじる
*
とじる
*
とじる

年間数頭しか流通しない貴重な牛!黒毛和牛の雌牛のみを使用した焼肉いしい

ライター:りゅう りゅう
キーワード:

年間数頭しか流通しない貴重な牛!黒毛和牛の雌牛のみを使用した焼肉店。焼肉いしいに行ってきた。


焼肉いしいの場所

国道387号線、通称日田街道を熊本市内方面から菊池方面に向かって進んで行くと左手に見えてきます。

グレーの建物とネオンサインの看板が目印です。

店内

現代の多様化するニーズに合わせて「お一人様」を意識してか、カウンター席もあります。

ビジネスマンのついでの食事にはありがたいです。うーん、「一人焼肉」ありだと感じます!

テーブル席

テーブル席は掘りごたつ式。

半個室のお部屋は、一人一人の席がゆったりと取ってあり、足の悪いお年寄りや子供連れには喜ばれると思います。

また、大広間はパーテーションが可動式の為、大人数での宴会にも対応しており、最大40名様までの宴会が可能だそうです。

ゆったりとしたつくりで、とにかく開放感があり、まわりを気にせず焼肉に集中出来そうです。

メニュー


黒毛和牛のハンバーグや厚切りの牛タン定食。数量限定の黒毛和牛ロース重、厚切り牛タン定食、黒毛和牛の牛ヒレカツ定食に黒毛和牛のメンチカツ定食など、黒毛和牛を惜しみなく使ったメニューがリーズナブルで豊富に揃っています。

また、ランチタイムは焼肉の定食や盛合わせ、単品メニューも食べれるみたいです。

現在は黒毛和牛を使ったカレーのトッピングが出来るフェアを開催されてます。


夜は焼肉の食べ飲み放題のオールセルフでブュッフェ付き。90分コースと120分コースがあります。学生団体割引や大人団体割引などもあり、多人数には有難いサービスかもしれませんね。
個人的に飲み放題の中にノンアルコールビールがおいてあるのが良いなと思いました。

黒毛和牛特選ロース重1780円

この日は奮発して、お店の一押し、数量限定の「黒毛和牛ロース重定食」を頂きました!


蓋を開けた瞬間あふれてくる肉独特の香りと、牛肉の照りに脱帽です。早速、お肉を頬張ると黒毛和牛の甘さが口の中を支配して、その後に醤油ベースの甘辛いタレがやってくる。また、噛まなくても良いと言って良いくらいの柔らかい肉質が最高です!肉の甘さも程よくドッカリこない優れものだと思います。

菊池市泗水町住吉で牧場経営を営んでいる「石井牧場」直営の焼肉店。

安心安全の為、泗水の牧草や稲藁だけを使用していると。親子三人で経営しているので小さい牧場ですが、愛情をたっぷりとかけて育てているそうです。

感想

とにかく「黒毛和牛ロース重定食」の美味しさに脱帽です。また、お肉の柔らかいことは絶対にお伝えしたいことです。良い意味で焼肉店経営がプロではないので、自分達の育てた牛を美味しく食べて頂きたいと言う、想いが一生懸命という雰囲気を作り出していて、アットホームなお店だなと感じました。次回は夜の食べ飲み放題にチャレンジです!

■店舗情報■

営業時間
11:30~14:30(L.O.13:30)
17:30〜22:30(L.O.21:00)

定休日:月曜日

TEL
0968-38-3988

住所
熊本県菊池市泗水町吉富3024

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りゅう

りゅう

彼は恥ずかしがり屋なのであまり表には出ませんが 流行に敏感なので色んな場所を飛び回っています。 得意技はカクテルを作ることです。

このライターが書いた他の記事

震災の影響で休業していた御領にある昭和風居酒屋「居酒屋元」が復活!

2017.12.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【のら猫不妊手術キャンペーン(TNR活動)】が2月22日から1週間の期間で開始!竜之介動物病院の院長に話を聞いてきた

2020.02.13

熊本スバル「第30回お客様大感謝フェア」が好評開催中!!釣具のポイントと夢のコラボ!!

2020.02.10

PUBLIC RELATIONS

熊本スバル「第30回お客様大感謝フェア」が好評開催中!!釣具のポイントと夢のコラボ!!

2020.02.10

【エステプラザ】ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal