1. TOP
  2. エンターテイメント
  3. この店どんな店?
  4. カレー好き必見!藤崎宮前の「養生カレー」は熊本では珍しい南インド系

カレー好き必見!藤崎宮前の「養生カレー」は熊本では珍しい南インド系

べジプレート

知る人ぞ知る移動販売の名店「養生カレー」が、いつのまにか店舗を構えていると聞き、おじゃましてきました。

養生カレーは木の温もりにあふれた落ち着いたお店

養生カレー外観
場所は中央区南千反畑町。藤崎八旛宮の大鳥居から徒歩1分ほど、参道からほんの少し中に入ったところです。

養生カレー看板
黄色い三角のオブジェと、ひかえめな看板が目印です。

養生カレー店内1
店内はカウンター席のほか、テーブル席が2つ。
木のあたたかみを感じる、のんびりした雰囲気です。

養生カレーオーナー
やさしくてゆるい雰囲気が魅力のオーナー・たかしさんは東京出身。
東日本大震災をきっかけに西を目指し、熊本に移住されたとのこと。

熊本ではちょっと珍しい、南インドのカレー

養生カレーメニュー
養生カレーは、熊本では珍しい南インド系のカレー。
米を中心に野菜をたっぷり使った南インドの料理は、ヘルシーで日本人の好みに合うといわれています。

さまざまなカレーやスープ、おかずやご飯が一緒に盛り付けられた「ミールス」と呼ばれる定食スタイルでいただきます。

養生カレー店内2
店内には南インドに関する本も置かれているので、注文したカレーを待つ間に読んでみても良いかもしれません。

養生カレーらしさ炸裂のベジプレート

べジプレート
養生カレーらしさを直球で味わえるのがべジプレート(1200円)です。
なすのサンバル(カレー)、豆のダルカレー、レモンラッサム(南インド式のスープ)、ご飯、パパド(豆のせんべいのようなもの)、野菜のおかずと盛りだくさん。

個別に食べるだけでなく、カレーやおかずを好きなだけご飯にかけて、混ぜて食べるのもおすすめと聞き、さっそく挑戦。

べジプレート2
カレーの滋味深い旨み、ラッサムのさわやかな酸味、パパドのサクサクした食感がご飯にからまって、複雑ながらも取っ散らかることはなく、不思議な一体感を持った味わいに。これは、おいしい!

べジプレート3
野菜がたっぷりで、じわじわと身体にしみいるような、癒しのカレーです。
もともと南インドには医食同源の考え方があるらしく、おいしくて元気になりそうな味わいでした。

ノンべジメニューも!エビカレーのプレート

エビカレー
こちらは非ベジタリアン向け、えびカレーのプレート(1500円)。

ココナッツえびカレー、なすのサンバル、レモンラッサムの3種類を中心に、野菜のおかずがつきます。
こちらもおかずやカレーをご飯に混ぜて、自分好みの組合せを発見するのも楽しそう。

エビカレー2
えびがごろっと入っていて食べ応えもあります。

パクチーが苦手な人は、抜いてもらうこともできますよ。

まとめ

養生カレー店内3
「養生カレー」は名前のとおり、何だか養生できるカレー屋さんでした。

イベントなどでの移動販売の頃からファンの多かった養生カレーを、藤崎宮前でいつでも味わえるのは嬉しいところ。
まだ食べてない人も、ぜひ体験してみてほしい味です!

 

■養生カレー■

営業時間:(昼)12:00~15:00/(夜)18:00~21:00

住所:熊本県熊本市中央区南千反畑町11-8

定休日:日・月曜日

お問い合わせ:096-288-3789

地図

お店のFacebookページはこちら

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

べジプレート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 熊本で中華に行くならここ!並木坂「チャオリー」のお得ランチ!

  • わざわざ行きたい天草の古民家カフェ「小豆カフェ」でまったりしてきた

  • 「誰か荷物を預かって!!」 観光客が手ぶらで熊本を楽しめる街にしよう!

  • リッチモンドホテル新市街1階にある「肥後馳走屋 いねや」のお得な和食ランチ

こちらもオススメです!!

  • 牡蠣小屋に行って“特製牡蠣だれ油そば”を食べてみた!!!

  • “昭和で時が止まっている”店。讃岐屋さんの有名な「ゴボ天うどん(350円)」

  • 創業40年以上!街でちゃんぽんが食べたいなら「中華料理 桃源」

  • 【絶品】夜しか空いていない裏路地のラーメン屋さんに出会った話

  • ママは目からウロコ!春陽食堂で開催された米粉の離乳食ワークショップに行ってきた!

  • ヒノマルマルシェin蔦屋三年坂店に行ってきました‼︎