*
とじる
*
とじる
*
とじる

今回紹介する「こうき屋」は、今年1月末ごろに健軍商店街の近くにオープンしたばかり。こだわりの燻製をはじめ、ひとつひとつ手の混んだ料理の数々は人気のお店になっていく予感がしました!


あまり飾らない外観ですが店内はおしゃれな空間!

場所は東区若葉一丁目。健軍商店街の中ほどから、マルショク健軍店の反対側の道を進むと右手にあります。以前紹介した八百屋の「ジャガ太郎」の向かいにあります。

店内は木の温かみがあふれる落ち着いた空間。

席はテーブルもカウンターも全て掘りごたつなので、ゆっくり足を伸ばせます。

手間暇かけた自家製燻製の数々が絶品!

「こうき屋」が力を入れているのが、燻製料理!店主がお店を始めると決めたときから研究を始め、オープン前にやっとの思いで完成した自信作です。

この燻製は、時期に合わせて、美味しいの食材を燻製にするので、また日によっても変わることも。それだけ食材の旬にこだわった燻製です。

普段余り見ることのない「ししゃもの燻製」。ししゃもは必ずオスとメスの二匹を出すそうです。なぜかというと、メスの子持ちししゃもは卵に栄養を取られていて身の肉付きが弱いのだそう。子持ちししゃもが人気ですが、身の美味しさは脂が乗ったオスのほうが美味しいのだそう。

玉子の燻製も格別!シンプルな食材がいぶしただけで、こうも旨味たっぷりに生まれ変わるのか!と驚きました。

チーズの燻製の出来栄えも素晴らしく、ぜひお店でお酒と一緒に味わってほしいです。

魚の干物も大人気!「金目鯛の干物」など!

お店自慢のもう一品が、金目鯛の干物。ほっけの開きにような形ですが、金目鯛を干物でいただくのも美味しいんです。

「金目鯛の干物」は上質な金目鯛が手に入ったときにだけ仕込む裏メニュー!食べたい方はぜひお店で直接うかがってみてください!

また、添えてある芽キャベツの浅漬けまでとにかく美味しい!ささいな料理にも真剣に美味すさを求めるのがこだわりなのだとか。

絶品の燻製料理!全てが真剣に丁寧な料理で勝負!

長年の料理人の経験を経てついに自分のお店を出店された店主の村上こうきさん(左)。「こうき屋」というご自身の名前を看板にし、料理に対するこだわりやプライドも相当なもの。

燻製以外もお刺身・お肉と美味しいものが揃っています。オープン仕立てなので、今ならあなただけが知る名店に出会えますよ!

■こうき屋■

住所:

営業時間:17:00〜翌1:00

定休日:不定休

電話:096-237-7831

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal