*
とじる
*
とじる
*
とじる

春の訪れを感じるイベント、木山初市に行って来ました!
去年は震災のため総合体育館でしたが伝統の初市を復活継承するため、開催場所を木山横町通りへ移しました。毎年、多くの人で賑わうこのイベント。
この日は一帯が歩行者天国となります。


木山初市の会場の様子

場所は益城町木山横町周辺(肥後銀行木山支店~木山神宮周辺まで)10時~16時まで開催。

横町会場付近の横断歩道を渡るとすぐそこに木山初市の会場があります。

アニメソングが流れ沢山の露店が並び、多くの人で賑わっていました。

「市だご」で有名な九ちゃん万十復活!!

益城名物、益城プリンやキムチの里のお饅頭もありましたが木山初市といえば「市だご」で有名な九ちゃん万十復活!

この初市の時期にだけしか作られない名物料理の「市だご」。

木山初市でしか食べられないということで毎年これを目当てに多くのお客様が来られお店に並んでいました!

「九ちゃんまんじゅう」さんのスタッフさんにお願いして店内を見せて頂きました!

店内は甘いあんこの香りでいっぱい!大変人気の品なのでスタッフ総出で作られていました。

こちらが、できたての「市だご」1パック5個入り(350円)。お昼前にお伺いしましたが商品が追いつかなくその場ではすぐ手に入れる事ができません。

お店で注文し出来上がりの時間に受け取るようにされていました。震災前の様に横町で初市開催に「市だご」の復活がとても嬉しく感激です!

初市といえば合志市竹迫でも開催されていました!

日時 3月4日(日)午前9時30分~午後4時
場所 合志市営中央団地前道路(参宮線)上  合志市幾久富1101 で開催されていました。(詳細はこちらで確認)

こちらが去年の竹迫初市の様子です。

竹迫地区に250年続く歴史ある伝統行事。合志郡の半分を占めていた「竹迫手永」という役所があった竹迫中町一帯で開かれていた「市」で、
江戸時代より続くといわれる竹迫に春を告げる初市です。 竹製品や伝統の市飴などが販売されます。

まとめ

復興前と同じように横町で名物の木山初市が開催されると言う事は熊本県民は勿論、益城町住民にとっても嬉しい事ですね。春の訪れを感じるお祭り初市。
来年の様子も、より発展するのでは?と思わせる市でした。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

PUBLIC RELATIONS

下水って流したあとどうなってんの?よく分からなかったので、う〇こ目線で学んでみた

PR

2020.10.18

10/17新メニュー登場!「肉肉うどん」の期間限定かき揚げうどんとカキフライが最高だった

2020.10.17

商品総数約10万点!第一回「売れていない商品を探せ!inスーパービバホーム熊本中央店」開催!

2020.10.10

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal