1. TOP
  2. グルメ
  3. 熊本の名店「高専ダゴ」では巨大お好み焼きが宙を舞う!

熊本の名店「高専ダゴ」では巨大お好み焼きが宙を舞う!

熊本県内で有名な巨大なお好み焼き「高専ダゴ」。鉄板いっぱいに広がる大きなお好み焼きはインパクト抜群。かつて有明高専の学生に「安く、お腹いっぱい食べてもらおう」という思いで大きなお好み焼きを焼いたのがはじまりだそうです。今では荒尾本店を中心に、玉名市、山鹿市。そして福岡との県境をまたぎ大牟田市内に3店舗の6店舗があります。今回は、玉名店にお邪魔してきました。

噂の巨大お好み焼き!「高専ダゴ」玉名店へ!

「高専ダゴ」玉名店は、熊本市内から荒尾市方面へ向かう国道208号沿いにあります。熊本市方面からは一番近場の店舗です。

黄色い看板がよく目立つので、前を通るとすぐにわかりますよ!

店内に入ると、壁に大きくメニューが張り出されています。

お好み焼きの「スペシャル」が噂の巨大なお好み焼きです!早速注文しました。

巨大なお好み焼きはひっくり返す瞬間がまさに職人技!

どんっ、と材料の入れられたボウルが置かれます。

普通のお好み焼きだと、丼サイズの器に入っていることが多いので、すでにスケールの違いがわかります…。

鉄板があたたまると、店員さんがやってきてきれいに広げてくれます。

この日は肥後ジャーナルのおっさんライター上野Pと一緒でした。カメラ向けられていることに気づかず、ぼーっとしています。

あっという間に四角く形作ってくれました。生地の焼ける音と香りが食欲をそそります。

このまま片面が焼けるまで、じっと待ちます。

「そろそろ火が通ったかな?」思った頃合いで、店員のおばちゃんがやってきたかと思うと、すっとヘラを通して…

バサァッッ!

パンッ!!!

一瞬のうちに、生地が宙を舞い、裏返してしまいました。

自分でやれと言われても、正直「無理無理!」となるサイズです。おばちゃんの職人技にうっとりしていまします。

なのに、上野Pはスマホを触ってばかりで見向きもしません。信じられませんよね。食事の時はスマホは控えましょう。

反対側もじっくり焼いたら、もう一度ひっくり返します。

ですから、あの神業を見逃しても、もう一度だけチャンスがありますよ!

おばちゃんがやってきて…

バッサァァァッッ!!!!

ベチンッッ!!

お好み焼きが!空中で!くるんっ!思わず拍手したくなる華麗な手際。

表面もしっかり焼けていて、こんがりとしたいい匂いがしてきます。

「この大きさのお好み焼きをひっくり返すの難しくないですか?はじめの頃はたくさん落としたり、ちぎっちゃったりしたんじゃないですか?」と聞いてみると、

「そんなに難しくないよ。2週間くらいでできるようになる」とにっこり微笑みながら教えてくれました。

自宅で挑戦したい方はぜひ2週間くらい練習してみてください。

ソースと青のり削り節で召し上がれ!

両面がしっかり焼き上がると、表面にソースをたっぷり塗ります。

ソースは、甘口・辛口・激辛から選べます!

最後に、青のりと削り節をふりかけていただきます!

お好みでマヨネーズ(小袋1つ20円)をどうぞ!ケチって1袋にしたらちょっと弱々しい感じになりましたので、2袋あると安心かもしれません!

薄めに焼かれたお好み焼きは、中までしっかり火が通っています。このスペシャルでは、麺が入っているので食べごたえも充分ですよ!!

ぎゅっと具材の詰まった生地に、濃厚なソースが相性抜群!ボリュームはもちろんのことながら、味も大満足ですよ!

ボリューム満点!見ていて楽しい!一度は食べたい高専ダゴ!

熊本県内でも有名な巨大お好み焼き「高専ダゴ」。ボリューム満点で、食べごたえ抜群。学生達の胃袋を満たしてきた歴史にも納得!もちろん、通常サイズ(それも大きめらしいですが)のお好み焼きや、焼きそばなどもありますよ!

店内はテーブル席と座敷があるので、お子様連れでも安心です。荒尾市の本店は三井グリーンランドの近くですので、遊んだ後にもぴったり!

大きな生地を裏返す瞬間の宙に舞う姿は必見ですよ!みなさんは、よそ見をして見逃さないようにしてくださいね。

■高専ダゴ 玉名店■

営業時間:11:00~21:00
定休日:隔週火曜日
TEL :0968-72-2239
住所:〒865-0064 熊本県玉名市中1191-1
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

\ SNSでシェアしよう! /

肥後ジャーナルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

肥後ジャーナルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

肥後もっこすハッピーハッピー

肥後もっこすハッピーハッピー

熊本を幸せにする男、肥後もっこすハッピーハッピーです。
ハッピーちゃんて呼んでね。
肥後ジャーナルに突如として表れた謎の自称フリーライター。
会社の上司にバレたら怒られる気がするので顔を隠していますが、怪しい人ではありません。
企画をメインに「熊本の楽しみ方」を発信していきます!
実年齢は20代半ば。中身は永遠の中学2年生。終わりなき青春と思春期を満喫していますが、最近「彼女いるの?」より「独身?」と聞かれることが増えてしまい、知らず知らずのうちに大人になってしまっていることに気づき驚愕しています。もちろんフリーの独身です。趣味はグルメ。
肥後ジャーナルは私にとって遅れてきた青春です。
さあ、みんなでハッピーハッピーしましょ!

このライターが書いた記事  記事一覧

  • 米俳優ジョニー・デップが水俣病をテーマにした映画「Minamata」の主演に決定

  • 熊本駅ビルにシネマコンプレックス「松竹マルチプレックスシアターズ」の出店が決定!

  • 十割蕎麦の名店!水前寺の「手打ち百藝 中の森」の風味豊かな

  • ガチャピンが熊本県スポーツ応援特命大使に!くまモンともコラボして…くまチャピン?

こちらもオススメです!!

  • ビーフ食堂〜ローストビーフ丼〜

  • Lion Curry バターチキンカレー

  • 【7月30日上通にオープン】ショップも併設された旅の案内デスク「TOUR PLAZA KAMITORI」

  • 【熊本の移動販売パン屋さん特集】第1弾「くまもとのパン屋 くまパン」

  • 花梨亭の餃子が最高と聞いて行ったら子供も食べられる衝撃の担々麵も絶品だった

  • 人気缶チューハイ「ストロング・ゼロ」に熊本の『まるごと河内晩柑(ばんかん)』が新発売!