*
とじる
*
とじる
*
とじる

桜町にできる「SAKURA MACHI Kumamoto」にくまモンと会える場所が誕生!その名も「くまモンビレッジ」

ライター:山田 山田

現在、中央区桜町で工事が進んでいる桜町再開発で生まれる商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto」内にくまモンと会える空間「くまモンビレッジ」がオープンすることが決まりました!!


いつでもくまモンと会える場所

現在、桜町の旧交通センター跡地に建設中の複合施設「SAKURA MACHI Kumamoto」。9月14日(土)にオープン予定の施設で、商業施設にバスターミナル、娯楽施設に会議室などなど多機能が集まった施設ですが、ここに新しく「くまモンビレッジ」というくまモンに会える場所ができます!

場所は、「SAKURA MACHI Kumamoto」2Fにできるインフォメーションスペース内。2階フロアの中心で、商業施設や駐車場、熊本城ホールのエントランスからすぐ近くだそう。

くまモンが登場するステージや、これまでくまモンが企業とコラボで生み出してきた熊本県が所有するレアモノグッズの展示、オリジナルグッズの販売、くまモンが隠されたカフェなどができるそう。

テーマは”Find your treasure~タカラモノを見つけよう~”

「くまモンビレッジ」のテーマは「Find your treasure~タカラモノを見つけよう~」。展示・販売するレアモノアイテムはもちろんですが、

週3日(火、木、日の17:30~18:00)開催されるステージイベントでは、くまモンと一緒に熊本の”タカラモノ”を探す体験ができるのだとか。

鶴屋東館にある「くまモンスクエア」とは違ったステージが楽しめるそう!くまモンに会える場所が増えるのは嬉しいですね!

新たに生まれる「くまモンビレッジ」

くまモンに出逢える新たな場所となる「くまモンビレッジ」。

県庁で行われた記者会見では、くまモンもとっても嬉しそう!

交通に、買い物、娯楽、観光、その他さまざまな機能が詰まった施設。オープンも着々と迫る中で、またひとつ楽しみが増えました!

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の裏方。元地域経済誌記者やマーケティングのディレクターという経歴のガチ勢。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

毎日はしまき。お祭りじゃなくても食べられる!大江の路地裏の隠れた名店「キッチンとみや」

2020.08.05

昔は保育園!産山村の「焼きアーモンドカフェDABERIBA」でベーコンの塊に喰らいついてきた

2020.08.04

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

パルコパーキング前にタイマッサージ&雑貨の店「nimroom(ニムルーム)」がオープン!天国かと思う時間を過ごしてきた

2020.07.23

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #4 年の瀬に愛車が止まった。

2020.07.29

【飲食店経営者必見】「餃子屋弐ノ弐近見店」がオープンし弐ノ弐キッチンカーも誕生!その制作意図が熱かった

2020.07.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal