*
とじる
*
とじる
*
とじる

新町におしゃれなカフェができたぞ!9月1日オープン「ラテ丸」へ行ってきた

ライター:まりあ アバター

上通りの「café switch」で、立ち上げ当初から勤められていた店主が満を持して独立! カフェ「ラテ丸」を9月1日、中央区新町でオープンされたので早速行ってきました!


9月1日、新町にオープンしたカフェ「ラテ丸

新町の「人形のむろや」の近くにあるレトロな外観の「ラテ丸」。以前は地域居酒屋「夢いろは」がありましたが、ずっと閉まった状態でした。オープン直前まで内装工事をされていたので、何ができるのかものすごく気になっていたんです。

優しい色合いの木目のテーブルやカウンター席がある店内もおしゃれ。居心地抜群そうなので、スタッフの皆さんと話したり、一人ゆったり過ごすのもアリかもしれません。

本場で修行! 店主が一杯一杯丁寧に淹れるカフェラテ

お店でいただけるのは、コーヒーやスイーツなどのカフェメニューですが、特におすすめなのはこだわりのカフェラテ!! なんとカフェラテの本場シアトルで学んできたという店長。

つつーと流れるようなスピードで注がれるスチームミルク。ちょっと濃い目のミルクをスチームすることで、甘味と粘りが出て一番美味しい旨みと食感が出るそうです。

そして、コーヒー豆は熊本に3店舗展開する「TAO CAFE(タオカフェ)」で、お店のためにローストされた豆を使っているとのこと。なめらかなミルクの甘みと、コクあるコーヒーって合うんですね。普段ブラックばかり飲んでいるので新鮮でした。

ふわもこで粘りがあるから? 半分飲んでもまだ消えない、可愛いラテアート。消えないというより崩すのが勿体無いから、崩さないよう飲んでいるのが正解かもしれない。お客さんによって、デザインを変えているそうです。

すべてお店で手作り! 季節ごとに変わるスイーツもあるよ

店内の奥には、タルトやテリーヌなどの美味しそうなスイーツがずらり。「旬で美味しい食べ物を提供したい」と、お店ですべて手作りされたメニューは、季節ごとに変わるそうです。これは何度も訪れるしかありません。

注文後に温めてくれる、外はサクッと食感はしっとりしたスコーン。

ほんのり甘い、中のイチジクジャムも手作り。手作り感溢れるスイーツって、なんでこう心が温まる感覚がするのでしょうか。

居心地抜群! ランチも提供されます

カフェラテ愛たっぷりで、落ち着いた空間のカフェ「ラテ丸」。スイーツの他にランチメニューも豊富で、コーヒーなどはテイクアウトもできるそうです。

おうちで作ろうにもこうはいかない極上の味なので、新町へ行く価値がありますよ!

ラテ丸

営業時間

10:00~16:59
17:00~翌0:00(夜は創作居酒屋になります)

定休日

水曜日

住所

〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町4丁目3−19

電話番号 096-323-0001

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

アバター

まりあ

地方経済雑誌で記者と営業を経験した後、フリーライターとモデルになりました。25歳になったので年齢が見た目に追い付いてきたはず。

このライターが書いた他の記事

つけ麺屋「魚雷」の味噌ラーメン専門店【麺屋手前味噌】が子飼商店街そばに移転していたので行ってきた

2020.01.09

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal