*
とじる
*
とじる
*
とじる

大江にあるお弁当店「ママデリカ」は完全手作りでコスパ最高

ライター:上野P 上野P
キーワード:

ボリュームも満点の美味しいお弁当が勢揃い!ママデリカ

学生時代によく通った青春のお店という方も多いでしょう。

住所は大江一丁目。子飼橋につながる通りにあります。先日新社屋が完成したKKTや熊本学園大学の方面から、子飼橋方面へ進んでいると右側にあります。

店内

店内自体はシンプルで、昔ながらの弁当屋さんの雰囲気がありますね。

メニューをみてみると?

メニューを見ると、品数も多く、写真を見るだけでも結構なボリュームが期待できそうです。
価格も300円台のお弁当から500円台で揃っており、このリーズナブルさも好印象です。

それに加えて驚いたのは、ご飯の量が僅か50円で“特盛り”にできます!

それも特盛りの量はなんと500g!

50円でご飯500gなら、ついつい増量したくなりますね。

ママデリカさんのお弁当は、細かいところまで手作りにこだわったお店
お肉にしてもお野菜にしても、そのままの食材から一から調理して、出汁やソースに至るまで手作りなのだそう。

根菜類や海老などの皮むきも人の手で細かく丁寧に剥かれ、これこそがまさに“完全手作り弁当”なんですね。

メニューはどれもそそられるのですが、私としてはもう何度も訪れることを前提として、最初の一発目に選んだのが「テリヤキチキン丼」。

新メニューのチリカラ弁当とか、もやし弁当なども考えたんですが、特に目を惹かれたので !これにライス特盛りにし、価格500円

これが「テリヤキチキン丼(特盛)」

うーん凄い! さすが溢れんばかりの照り焼きキチン揚げです!

このボリュームなら食い盛りの学生さんも大満足!

これだけの弁当箱の厚みがあります!

これがご飯500gの厚み・・。

甘めの照り焼きソースに天ぷら風のチキンがごろごろと!
これだけのご飯がありながら、チキンでご飯が見えないとは凄い。
チキンをかき分けて、ようやくご飯が出てきました。

もちろん、量は大盛りばかりではなくて小盛りも対応していますので、小食の方もご安心ください。小盛りの場合は、20円の値引きもして頂けます。

大江周辺なら弁当の配達も可

店舗周辺ならお弁当2個以上の注文でお弁当の配達まで行ってくれているそうです!

配達エリアは、大江・新屋敷・渡鹿・新大江・薬園町・黒髪・妙体寺・熊本大学周辺・熊本大学内・熊本学園大学内と広範囲。

ボリューム満点で、完全手作りの「ママデリカ」のお弁当。

学園大生とか、周辺住民の皆様はもちろんご存知だったかと思いますが、行かれたことがない方はぜひ一度ご利用してみては如何でしょうか?

■店舗情報■

営業時間
11:00~21:00

定休日
日曜 祝日

TEL
096-364-8870

住所
熊本市中央区大江1-10-39 ユキヤビル1F

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03