*
とじる
*
とじる
*
とじる

荒尾の「THE PARK BURGER」農家直送のじゃがいもを使った「クラッシュドポテトバーガー」が半端ない!

ライター:山田 山田
キーワード:

荒尾市に昨年6月オープンした「THE PARK BURGER(ザ パーク バーガー)」。店主は熊本市近見にある人気バーガー店「Reef」で修行した方。素材へのこだわりも強くハンドチョップでミンチにしたお肉はめちゃくちゃジューシーで、フライドポテトやマッシュポテトに使っているじゃがいもも宇城市の農家「OUT-農」からの直送。ボリュームも美味しさも満点のハンバーガーを紹介します!!


観覧車が見える店

「THE PARK BURGER(ザ パーク バーガー)」は、グリーンランドすぐ近く、ダイソー熊本荒尾店の向かい側にあります。

めっちゃおしゃれな外観で、入る前からワクワクしますね!

店主の植田さんは、熊本市南区近見の人気店「Reef」で修行して、昨年6月にこのお店をオープン。「HAPPY FOOD LIFE」をコンセプトに食べに来た人をハッピーにできるようにと美味しいハンバーガーを提供されています!

おすすめは「クラッシュドポテトバーガー」

ハンバーガーは、定番のものと、期間限定のものがあるそうです。すべてポテトとドリンク付きの価格。

+350円でパティを追加できます。これまで最大で10枚挟んだことがあるそうですが、崩壊しちゃうので9枚が限度だそうです。

今回はマッシュポテトをふんだんに使った「クラッシュドポテトバーガー」をいただくことにしました!2月限定で出したら大人気で、定番メニューに追加したほどの逸品。

写真はダブルということなので、私もダブルでお願いしました!

注文を受けてから、鉄板で生肉を焼いていきます。包丁を使って手作業でミンチにしたお肉は食べごたえありそう!

一緒に焼いているベーコンも自家燻製。いい香りが漂います。

こんがり焼いたお肉の上に、チーズとマッシュポテトをトッピング。コレをサンドしてくれます!

このまま食べてみたいくらい、美味しそう。

ボリュームよ、ボリューム

こちらが「クラッシュドポテトバーガー」のダブル(税別1550円)。めちゃくちゃ溢れ出るマッシュポテトとチーズクレイジーな感じです。

添えられたポテトも厚めのいちょう切りで、普段あんまり見ない形。これもめっちゃ美味いんです。

かなり大きいので、ナイフとフォークで切り分けながら食べる人が多いそうですが、

かぶりついてみました。私の顔とか手とかがデカイので小さく見えてしまいますが、かなりデカイです。全力で潰してるのに口に入らない。

皿の上が大惨事。こんな状況でも、口の中にはジューシーなお肉と、濃厚なベーコン、たっぷりのマッシュポテトがいい感じで混ざって美味しいです。

肉2枚でこの大変さ。10枚の人ってどうやって食べたんだろう。謎。

ちなみに、今回は撮影用でそのままもらいましたが、普段は包み紙に包んでくれるので、かなり食べやすくなります。

デザートにはアップルタルト

ハンバーガーだけではなく、デザートも美味。アップルタルト(税別500円)です。アイスも添えられています。

薄切りのりんごが敷き詰められています。

そのまま食べても美味しいのですが、

メープルシロップがたっぷりかかっていて、バニラアイスとの相性もばっちり。

ジューシーなハンバーガーを食べたあとに、お口直しのデザートも最高ですよ!

生産者の「OUT-農」

ちょうどジャガイモの納品に来ていた生産者の「OUT-農」の方ともお会いできたのでお話を聞いてみました。

だって、名前が気になったんだもん。全然アウトロー感ない優しそうな2人。

納品されたジャガイモもめっちゃ綺麗。なんでも、熊本ではジャガイモを専門で作ってる農家は少なく、ほとんどが他の作物の合間に育てているそうなのですが、

品質にかなり力を淹れて土壌から作り、保管にもこだわっているそう。他の農家と違うことをしているから、アウトローな感じで「OUT-農」なんですって。

「THE PARK BURGER」の植田さんも、このジャガイモに一目惚れして、以来、ずっと使い続けているそうです。

荒尾まで足を運ぶ価値あり!ジューシーなハンバーガーをぜひ!

「THE PARK BURGER」のハンバーガーは、人気店「Reef」で修行されてきただけあって、間違いない味わい!

素材へのこだわりもあり、また違った美味しいハンバーガーが食べられますよ!

友人と一緒でもデートでも、ひとりでもばっちり楽しめます!テイクアウトもできるそうなので、荒尾までいって味わう価値がありますよ!

THE PARK BURGER

住所

〒864-0012 熊本県荒尾市本井手1561−1 内野ビル 102

営業時間

11:00~21:00

定休日

木曜日

電話番号 0968579813

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

【熊本あるある】熊本で道を聞くと「ぎゃーん行ってぎゃーん行ってぎゃーん」って言われるとかいうけど、言われたことないから検証してみた

2021.07.27

ナンかライス選べる!500円のランチセットがお手頃!小峯「カレーの恋人」で本格カレーをテイクアウト!!

2021.07.26

健軍神社参道沿いにある「HEIKEYA」でふわっふわの台湾かき氷を満喫!あまくてひんやり最高かよ!

2021.07.25

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

あか牛一頭買いの焼肉店「褐火(かっか)総本店」が7月10日銀座通りにオープン!会計の総額と同額の商品券がもらえるぞ!

2021.07.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal