*
とじる
*
とじる
*
とじる

爆発寸前のクリームに悶絶!「菊池夢織菓子ノグチ」のとろ~りとろけるシュークリーム

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

「ここのシュークリーム、とってもおいしいから食べてみてください!」と、数年前にいただいた菊池市にあるノグチのシュークリーム。それがもうおいしくて、感動して、忘れられず…。

それ以来、菊池に行くたびに「買って帰ろう!」と思う逸品です。溢れんばかりにクリームがつまったシュークリームを頬張れば、幸せも溢れます!


変わり種のゴマシュークリームも

菊池市隈府にある黄色い壁のかわいいお店、「菊池夢織菓子ノグチ」。

ショーケースの中には、たくさんのケーキが並んでおり、焼き菓子も充実しているのですが、今回、紹介したいのがこちら!

アーモンドシューにゴマシュー。値段も150円(税抜)と、とってもお手頃です。

「ここのシュークリーム、クリームがたっぷりで大好きなんです!」とオーナーの野口恵一郎さんに話すと、「クリームは爆発寸前まで入れてます」とのこと。値段もぎりぎりのところで出されており、利益は出ない商品なのだそうです。

まるでクリーム爆弾!クリームがこぼれだす

こちらは、刻んだアーモンドがトッピングされたアーモンドシュー。

シュークリームをアルミからはがした時点で、もう底からこんなにクリームが…!

そして、おそるおそる、端の方を一口かじっただけで、これ!!

これはもう、クリームの洪水やぁ~~~!!!

これが、爆発寸前にクリームを詰められているという証拠で、ひとたびシューに穴が空くやいなや、大爆発です!

しかもこのクリームが、やわらか~くて、とろとろで、ふんわりクリーミーで、幸せの味!

香ばしいアーモンドのしっとりしたシュー生地とともに、最後まで美味しいクリームをたっぷりと味わうことができます。

そしてこちらは、野口さんが考案されたオリジナルのゴマシュー。

こちらもまた、空洞がまったくないほど、ぎっしりとクリームが詰められています。

そしてまた、ゴマの香りが最高で、シュークリームとめちゃくちゃ合うという奇跡の組み合わせ!!

意外なおいしさに出合える、至福のシュークリームです。

おいしいスイーツを生み出すオーナーは意外とワイルド!

こちらがオーナーの野口さん。修業時代は、大阪や鹿児島などを転々とされ、最後の3年間は、「カトルズジュイエ」にて、現在の「シェタニ」のオーナーの谷さんと一緒だったそうです。

キラキラ輝く繊細なケーキを作り出す野口さんは、大型バイクやスノーボード、温泉めぐりなどがご趣味だそうで、意外とワイルド!!

なんと、別府の八十八湯をすべて制覇され、名人の賞状も…!

別府の湯めぐりの際は、なんと1日12湯、1泊2日で24湯まわられていたそう。

遊ぶことにも仕事にも熱心な野口さんが作る、クリームがこぼれる絶品シュークリームは、一度食べてみる価値ありです!食品ロスがないようにと、個数を制限して作られており、夕方には売切れてしまうことも多いため、早めの来店か、予約がおすすめです。

菊池夢織菓子ノグチ

営業時間

10:00~19:00

定休日

月曜日

駐車場

あり

電話番号 0968-25-5332

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】炊きたての土鍋ご飯×旬の魚を心ゆくまで堪能できる!「魚飯時(さはんじ)」の旬の贅沢御膳

2024.06.05

【熊本市西区】マグロタワーが圧巻の「マグロノドン」が内容もパワーアップして5月30日堂々移転オープン!

2024.05.31

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

PUBLIC RELATIONS

熊本のご当地サイダーで熊本のハイボールを作ったら最強の1杯を見つけた

PR

2024.05.31

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal