*
とじる
*
とじる
*
とじる

県産食品が買える本屋さん「まるぶんマーケット」が出現!!!

ライター:ちえ ちえ

「金龍堂まるぶん店」にできた「まるぶんマーケット」に行ってみた!

カッパの像でおなじみの、上通り「まるぶん」。熊本地震による被害も大きく、一時休業していましたが、復活後、元気に営業中です。そんな「まるぶん」が、県産食品の取り扱いを始めたとのことで、早速訪ねてみました。

自然派商品が充実!商品のラインナップ

入口から入って右側に展開されているのが、「熊本のよかもんを皆様にお届けしたい」というコンセプトで作られた「まるぶんマーケット」です。

こちらは、熊本県産のきな粉。外国産の大豆が多く流通する中、貴重な県産のきな粉です。

冬場にうれしい、体が温まる生姜シロップや生姜ジャムも並んでいます。

こちらは、ノンフライ・ノングルテンで、無添加のおやつ、ぽんころ。見た目もかわいい自然派食品です。

ビタミンやミネラルが豊富で、彩りも美しい紫蘇ジュースもありました。通常クエン酸を使うところ、贅沢にりんご酢を使っているという、こだわりの逸品です。

店長に話を聞いてみた

熊本と家族をこよなく愛する、笑顔がさわやかな荒川店長に、売れ筋などを聞いてみました。

今、売れているのは「くまもと農菓子  夜のグラノーラ」とのこと。こちらは、1,000円以上する少し高級なグラノーラですが、買っていく人が多いそうです。ヘルシーなおやつ、おつまみとして人気の商品とのことです。

余談ですが、店内には「店長の本棚」のコーナーもあり、こちらの店長、自ら文学賞を創設されるなどのユニークな活動もされているようです。

マーケットに並ぶ商品を食してみた

マーケットに並ぶ選りすぐりの商品の中から、県産のドライトマトを使った「まぜまぜ」(¥350税別)を購入してみました。原材料は、ドライトマト・塩こしょう・ガーリック・バジルのみの無添加の商品。ゆでたパスタに混ぜるだけでいいので、時間がない時や、料理が苦手な人にもおすすめです。

早速、ペンネをゆでで、「まぜまぜ」をあえて食べてみました。ガーリックの香りがきいていて、ドライトマトの濃厚な甘酸っぱさもあって美味!とても混ぜるだけで作ったとは思えない一品になりました。

まとめ

昔から人々に愛される「まるぶん」が始めた新しい試みは、メディアに取り上げられたり、農家さんからオファーがきたりと、早速反響を呼んでいるようです。地元密着型の「まるぶん」で、本と一緒に、こだわりの県産食品が並ぶ「まるぶんマーケット」も楽しまれてみてはいかがでしょうか。

■金龍堂 まるぶん店■

営業時間:10:00~21:00
TEL 096-356-4733
住所:熊本市中央区上通町5-1
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

新屋敷にオープンしたばかり!パンチのきいたボリューム満点のラーメン「ねじれ麺 豪傑」

2019.09.11

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal