*
とじる
*
とじる
*
とじる

東バイ沿い「お昼ごはん まつばら」に実家に帰ったような定食があった 肉か魚か選べる日替わり定食がおふくろの味

ライター:山田 山田

東区石原、東バイパス沿いにある「お昼ごはん まつばら」。肉と魚の日替わりランチを提供しているお店で、小鉢なんかもついて750円。その内容も味付けもなんだか実家に帰ったと錯覚してしまうような家庭的な定食で、どこか懐かしく安心してしまうお店でした!ふらっと立ち寄ってみて大正解のお店でしたよ!


東バイ沿い「お昼ごはん まつばら」

東バイパス沿い、阿蘇方面から熊本市内に向かっている途中、熊本ICの手前にある「お昼ごはん まつばら」。

お隣にはジェラート屋さんの「カプリ」があります。

前は結構通るんですけど、今までなぜか気づいていなかったんですよね。

外の看板を見ると、お肉とお魚の定食があり、日替わりでいつも違うものを出しているそう。

小鉢も毎日違うんですって。今日は揚げ鶏かぶりの照り焼き。

どっちも美味しそう…。

早速、入ってみましょう!

日替わり定食は肉と魚の2種類!

店内にはカウンターとテーブルがあり、一人でも立ち寄りやすい雰囲気でした。

なんか、内装も含めてお家感ありますよね。

店内のメニューを見ると、定食以外にもカレーがあるそうですが、カレーは定食のボリュームで食べきれない人用でちょっと少なめらしいです。なので、今回は定食に。肉か魚か悩みに悩みまくって今回は魚にしました。

もう本当実家のごはん

こちらが魚の日替わり定食。750円です。サラダに味噌汁、小鉢3品にお漬物もついています。

メインのぶりの照焼は切り身をまるっと。

めちゃくちゃ味しみてそう。

ふわっとした身と甘味と旨味がいい感じの味付けでめちゃくちゃご飯進む。

皮まで美味しく食べられましたよ。なかなかランチで食べないメニューなので大満足。

小鉢もいちいち美味しくて、かぼちゃはしっかりとした硬さで崩れず、ひき肉のあんかけと相まってこれもこれでご飯が進みました。

あつあげも薄味なのにちゃんと美味しさ感じれて美味。おでんより好きかも。

この辺の小鉢も日替わりらしいので、また別の日にも来てみたいなーと思わせてくれます。

味噌汁にそうめんが入っているのも実家感ありますよね。

本当に家庭料理のような味付けばかりで、家庭料理に飢えている独身男性にはたまらない品ばかりでした。

美味しい家庭料理を定食で!

前はよく通っているのに、意外と気づかないでいたお店「お昼ごはん まつばら」。

チェーン店なんかでは絶対に味わえない家庭の味が満喫できました!

平日のお昼のみの営業ですが、近くを通った際はぜひお立ち寄り下さい!

お昼ごはんまつばら

住所

〒861-8046 熊本県東区石原2丁目1−26

営業時間

11:00~14:00

定休日

土日

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

海に鳥居があるならそこから入って参拝するのが当然だよね?永尾神社に海から参拝してきた

2021.09.17

「冷やしかしわそば」が美味しすぎる!暑い日にぴったり汁まで飲み干せるさっぱりそばを九品寺「川しま」で!

2021.09.15

こんな場所にお地蔵さん??洞窟の中にいる虚空蔵さんに会いに行ってきた

2021.09.14

ホットドッグ四ツ葉が9月18日から復活!一足先に試食させてもらったらおっちゃんの味だった

2021.09.14

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal