*
とじる
*
とじる
*
とじる

宇城市松橋町豊福にあるラーメン、ちゃんぽんのお店「めんきち」。昨年末から休業しており、一時は廃業を危ぶまれるも、ラーメン仁龍さんの営業引き継ぎにより4月頭に営業再開!

宇城市松橋町の「めんきち」(注:同じ名前だけど別のラーメン店が健軍にあります)は、ラーメン店でありながら、来店客の8割の目的は“チャンポン”だという、事実上のチャンポン屋さんとして、長年地域に愛されていたお店でした。

ですが、昨年後半に、店の味を生み出していた店主が急逝。一時は廃業も検討されるなど厳しい状態でしたが、ここで営業を「ラーメン仁龍」さんが引き受けることとなり、4月に無事営業再開となったようです。


復活を待ちかねたお客様で平日も大盛況!

お店には14時前くらいにお伺いしたのですが、その時間帯でもお客様で満席!

確かに以前からお昼時期は満席に近くなるくらいの人気店でしたが、長年の老舗が廃業危機を乗り越えての約4ヶ月ぶりの復活に、「めんきち」ファンが連日押し寄せているのだろうと思います。

お店はカウンター席のみで、ちょうど厨房を囲むような形で“コの字”となっています。

広めの厨房ではありますが、連日の多くのお客様に、厨房内もいつも慌しそうです!

メニューはこちら!

この営業再開後のめんきちさんのメニューですが、色々試運転も兼ねながらということで、しばらく提供はチャンポン、チャーハン、餃子の3種類とそれに付随するもの、という形のようです。

カウンターに置かれている大きな調味料。これも前営業引き継ぎで、今回も無事置かれておりました。

お待ちかねの“チャンポン”を注文!

「ああ、この味だ!」と、めんきち常連さんであればきっと納得なされているでしょう。

この松橋町に燦然と輝く、野菜たっぷりボリューム満点の「めんきちのチャンポン」が堂々登場です!

しかし「めんきち」と言えばこの一杯のチャンポンの凄いボリューム!

キャベツ、ニンジン、もやし、トウモロコシ。しかもこの大量のお野菜が器の上に盛られているので麺が埋まって見えないという…。

まさにこれこそが「めんきち」のチャンポンですね!お帰りなさい!

スープも、しっかりコクがありながらも、サラッとした口あたりと喉越し。丼を傾けて一気に飲み干せてしまいそうなチャンポンです。

しかしまた“レンゲ”もでかい…

この野菜高騰のご時世に、お野菜たっぷり!ここのチャンポンの野菜で、きっと半日分の推奨野菜摂取量とか超えるんじゃないですかねぇ。

シャキシャキのキャベツやモヤシが本当に美味しいです!

上に盛られたお野菜類をかき分けて、ようやくチャンポン麺が出てきました!

これも昔ながらのベーシックな中太麺になりますね。

麺も結構な量なのですが、美味しくて箸が止まりません!

セットメニューも頼んで見ました!

今回はチャンポンセットで頼んでみました。セットには、ライス、餃子、お野菜、漬物が付きます。

柔らかめの皮で、餡はジューシーです!このカラっとな焦げ目も美味しいポイントですね!

やはり「チャンポン」の真髄がここにはあった!

メニューは一旦ちゃんぽんオンリーで再スタートとなったものの、基本がしっかり守られていて、あの「めんきち」の味がそのまま残ったと考えていいかと思います。

一時は味が絶えてしまうかも!?との心配がありましたが、老舗の味、お腹いっぱいまた味わえそうです。

私もそうでしたが、少し足が遠のいていた方など、また一度お店にうかがってはいかがでしょうか?

あと、今は営業は中休み無しでやられているそうですので、お昼を過ぎた14時、15時以降でもお店は開いているようです。混雑を避けたい方などは、そのあたりの時間帯に行かれてもいいかもですね。

■めんきち(松橋町)■

営業時間
11:00〜21:00

住所
宇城市松橋町豊福617-1

定休日:月曜日

電話:0964-33-2952

地図

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

PUBLIC RELATIONS

【サバイバルゲーム初体験記】完全無欠のサバゲーマスターに完膚なきまでに撃たれまくった件

2019.11.29

自由な保育に取り組む「さんさん保育園」に潜入して自由に過ごしてみた

2019.11.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal