*
とじる
*
とじる
*
とじる

営業再開した人吉の老舗、醤油・味噌醸造元「緑屋本店」のアイスもなかはコクがあってたまらない!

キーワード:

じめじめした日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

これからの時期、アイスっていくつでも食べられますよね!

人吉の水害で4m浸水した、創業120年人吉の老舗「緑屋本店」が昨年、営業を再開し、「みそ」と「しゅうゆ」のアイスもなかを販売していると聞いて、食べてきました!


水害前と同じ場所に再建されたモダンな建物

人吉市の中心部、人吉復興コンテナマルシェの向かい側に店舗があります。

人吉復興コンテナマルシェの記事はこちら

今年の1月にオープンした「人吉復興コンテナマルシェ」に行ってみた!

漆喰の白と黒、屋根瓦がモダンな建物。新たな店舗になっても、創業120年の貫禄を感じる建物ですね。

これこれ!このアイスもなかを食べに来ました!

オリジナルみそしょうゆ煎餅がついてくるコーヒーもあります。

お出迎えは「にゃんこ先生」

人吉球磨地方といえば、アニメ「夏目友人帳」のモデル地としても有名ですが、店内に入ると「にゃんこ先生」がお出迎えしてくれます。

人吉市内を巡っていると、いたるところで先生に出会います。

店内は間接照明と自然光を取り入れたオシャレなつくりになっていて、しょうゆやみそが整然と陳列されています。

にゃんこ先生の卓上醤油とキジ馬の醤油もあります。食卓が楽しくなりそうなデザインですね!

個人的に気になったのは、3種類の醤油を食べ比べできるお皿。

しょうゆって一口に言っても、濃い口や薄口、甘口など種類が豊富ですよね。使い分けながら食べるって贅沢なことかもしれませんね。

店の奥には、創業当時の写真が飾られていました。夏目貴志くんが手を振っています。

気になるアイスもなか

にゃんこ先生に夢中になっていましたが、早速「アイスもなか」をいただきます!

はい、こちらがアイスもなかの「みそ」味と「しょうゆ」味です。

もなかなので、見た目は同じですね。

赤いシールが貼ってある方が「しょうゆ」味。右側が「みそ」味です。

製造元はオーダーメイドアイスで有名な山鹿市のパストラルと書いてあります。全部「made in熊本」

パストラルの記事はこちら

山鹿の人気ケーキ店「ricca」を運営しているオーダーメイドアイスの「パストラル」が色々と凄い

特別にお店の方に切っていただきました!

奥の白いほうが「みそ」味。手前の少し茶色いほうが「しょうゆ」味です。

まずは「みそ」味をいただきます。

上品なミルク味の中に味噌の風味を感じます。バニラアイスよりさっぱりしていて食べやすい!

こちらは「しょうゆ」味。

しょうゆの風味がふわっとした後、甘さ控えめなキャラメル味が口の中に広がります。こちらもさっぱりとしていて、しつこくなく食べやすい。

もなかもパリッとしていて、時間がたって水分を含んでも「もなか」が薄いので違った食感を味わえます。

お店の方に「どちらが人気がありますか?」とお聞きしたところ、どちらも同じくらいとのこと。

二人で来られてシェアして食べる方も多いそう。

醤油や味噌はもちろん、レジ前には「しょうゆ煎餅」や「だし」など和食の必需品もありましたよ!

暑い夏にさっぱりとしたアイスはお土産にも喜ばれそうですね!

緑屋本店

営業時間

月曜から金曜 午前9時~午後5時30分

※カフェは午後4時30分まで

店休日:日曜日

電話番号 0966-24-8777

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

営業再開した人吉の老舗、醤油・味噌醸造元「緑屋本店」のアイスもなかはコクがあってたまらない!

2022.06.20

最近ワンピースが熱いので、ロマンを追い求める僕は船上で日の出を見たくて有明フェリーを利用した。

2022.06.18

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

流れ星にお願い事をするんじゃなくて、自らの手で叶えたい!!!~ビジネスの作り方を女性起業家に届けるWeb集客コンサルタント〜

2022.05.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal