*
とじる
*
とじる
*
とじる

カシュっ

んごんごんご

ん~~~~~~~~!スーパー!!!

高森駅からこんにちは。

あなたにしか見えない心のナビゲーター、やま子です。

すっかりと春めいてきましたね。こんな季節、やま子結構1人旅に出ちゃうタイプ。

今回は、2023年に全面開通予定の南阿蘇鉄道が、なにやら面白いと聞いたのでやってきちゃいましたよ。


今しか感じられない空気がそこにある

今回の旅の舞台は、南阿蘇鉄道。

現在は高森~中松間という一部しか開通されておりませんから、なかなか乗り合わせる機会がございませんでした。やま子反省。

だってお話によると、現在1日3往復のみで、平日は乗客が0なんて日もあるなんて言うじゃありませんか。これは居ても立っても居られません。

なぜなら、やま子

目的地に着くことだけが電車の楽しみ方じゃないって、知っている。

しかもこの一部区間のみの運行も考えようによっちゃ、めちゃくちゃレアじゃありません?

こんなの生きている間にそうそうない機会だし。思い切って1人で乗ってみることにしました。

ちなみに切符は駅で購入するのではなく、電車内で整理券を取り、降車時に支払うシステム。

検温もクリアしたらさっそく乗り込みますよ。

少し大柄なやま子だけど、まあ座るから問題なし。

頭をぶつけるやま子を見て、車掌さんは二度見してたけれども、そのあとに

「はい!ラッキーだったね。これが最後の1枚」

ってシールをくれました。

なんかこういうのうれしい。しかも本当に取材とは伝えていなかったので、いつもこのようなコミュニケーションをはかっていらっしゃるんでしょう。

出発時にはほかの駅員さんが全力で手を振ってくれます。

さあ

春の風を感じていざ出発。

何ここ、電車内がアミューズメント

ガタンコトンとゆっくりとでも確実に動き出しました。

「ああ、こんな暖かい日にこんなゆっくりと過ごすのも悪くな…」

「まもなく左手側 高森湧水トンネルが見えてきます。その昔、この線路宮崎県の高千穂線とつなごうと、左側後ろの外輪山のふもとにトンネル工事を行いました。ところがその工事の途中で水が出てしまい、その水をとうとう止めることがでません…

プシューー

もう間もなく高森湧水トンネルの入り口が見えてまいります!!!!」

え。なんかエアー音であんまりよく聞こえんけど、なんかめっちゃ喋るやん。バスガイドさんなの?

もうね、次から次に電車の窓から見える高森、そして南阿蘇鉄道の見どころを楽しく教えてくれるんです。

そして午後の紅茶のCMでおなじみ見晴台駅に到着するや否や

「しばらく待っていますから、どうぞ降りて撮影などされて結構ですよ」ですって!

もちろん降りたわ。

「ああそこの水色のシールがあるところが上白石萌歌ちゃんが立ってた目印」

「駅の自販機にはコーヒーや緑茶なんかはなくって、全部午後の紅茶」

もうここまでくると、私やま子じゃなく上白石萌歌ちゃんよ。

うっとりしていたら「もう大丈夫かな」って声かけられたので、慌てて乗車。んもう!気分はシンデレラよ。

そのあとも電車は進み、阿蘇白川駅に到着。

「はい、これが、南阿蘇鉄道が誇る夢の国。…を意識したつくりの駅ですよ」なんてウィットにとんだジョークまで。

やだ、楽しいわ。

どんどんここが浦安に見えてくるもの。

夢の国のキャラクターもいました。

その後もどんどん電車は進み、それに伴いどんな観光ガイドにも載っていないようなディープな情報が次から次へと、まさに水源のごとく湧き出るから一瞬も聞き逃せない。

まさに生きた知恵。

そしてあっという間に終点の中松駅に到着。

「どうする?また高森まで戻るんなら、高森駅でまとめて往復代支払う?」

「そうですね、また高森まで戻ります」

「じゃ出発まで時間13分あるから、駅周辺とか、通行止めの土嚢なんて撮るといいよ」

中松駅でピンときちゃった

お言葉に甘えて駅周辺を散策することに。

一見、線路がまだ続いているようにも見えますが、実はこの先はまだ通行止め。電車がこの先いけないように土嚢が積んでありました。

中松駅構内はこんな感じ。

昔懐かし戦隊ヒーローなんていたりして。

そういえば、肥後ジャーナルライターでサンバルカンポーズしてたわね。

※サンバルカンポーズが気になる方はこちらをどうぞ。

おっとここにも午後の紅茶…

紅茶…

やだ。いいこと思いついちゃった!

てことでやりました

もうここまでお膳立てされたら、「する」以外の選択肢なんてございません。

高森駅まで戻り、急いで車を走らせ再度、見晴台駅へ。所要時間なんと4分だったので、歩こうと思えば歩けた距離。

さあいよいよね。まずは名物ノートでテンションを整えたいところ。

ふふ。

では早速始めてまいりましょう。

おちつけ。こいごころ。

※完コピしようと思っていたのですが、あまりの音程に編集で心が折れました。

やま子ね、よく

「原曲知らないの?」とか言われるんですけど、知っているとか知らないとかじゃなく

音痴なんです。

でも音痴でも構わない。だって誰もいないんだもん。恥ずかしがることなんてないわ。ここなら誰だって上白石萌歌ちゃんになれるんだから。

こんなに素敵な時間なかなかない

実は高森駅まで戻る最中、同じことを言うのかなと思っていたのですが、まったく違うの!

しかも乗客はやま子1人だったのに

とんでもないサービス精神よ。

電車内も窓が開いているから換気はばっちりだし、こんなやま子に対しても優しく接してくれて…。時間に換算すると往復でも約20分の旅だったんだけれども、とても温かい気持ちになれましたし

なにより高森、南阿蘇のことがもっと大好きになりました。

これから春休みに入る方も、そうでない方も。ぜひ一度南阿蘇鉄道の「普通列車の旅」楽しんでみてはいかがでしょうか。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ムトー

ムトー

単なる物件マニアの編集長。 以前住んでたマンションのお隣さんが、りようさんの実家だと判明し世間の狭さに震える日々。二児のママライター

このライターが書いた他の記事

連覇をかけたジャンボスイカの熱き戦いを見てきた。

2021.07.15

八代のたかき農園が作り出すメイドイン八代の無農薬バナナが食べたいんじゃ。

2021.07.13

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

食の玄人が絶賛する「天草福伸」。ここにくれば食の概念が変わる。

2021.07.01

PUBLIC RELATIONS

あか牛ステーキ食べ放題…だと……!?銀座通りの「あか牛Dining yoka-yoka」で無限ステーキに挑戦してきた

2021.07.28

熊本の夏の風物詩といえばコレ!岡田珈琲のアイスキャンデーが好きすぎて工場潜入してきた

2021.07.23

これが重光産業のチカラか…!味千が本気だしてきた中華セットがえげつなく美味い

2021.07.09

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal