*
とじる
*
とじる
*
とじる

その名も「甘党の店」!坪井にある100年以上続く和菓子の名店「中村だんご店」

ライター:ちえ ちえ

坪井の裏通りに、創業100年以上という老舗和菓子店を発見!おはぎやだんごなど、無添加の和菓子がたまらないおいしさです。


住宅街の中にある隠れ家的なお店

ある日、たまたま坪井の住宅街を歩いていると、なにやら店舗を発見…

のぞきこんでみると…

その名もズバリ「甘党の店」!

「はいっ!」とその場で手を挙げたくなるほど甘党の私は大興奮。

早速ショーケースを見てみると、おはぎにあみがさだんご。

みたらしだんごにあずまだんごが並んでおり、素朴な雰囲気がたまりません!

こちらの桜餅は、2月から4月中旬までの販売予定で季節商品になります。

お赤飯もありますが、和菓子はどれも税込80円という良心的なお値段です。

すべて手造り!安心の和菓子

こちらのお店は、なんと創業100年以上!現在のご主人は4代目になるそうで、長年愛され続けているお店です。

そして和菓子は、あんこや粉にいたるまですべて自家精製!

防腐剤や保存料など、添加物が一切使われていないので、賞味期限は当日中。安心して食べられるお菓子です。

至福のモグモグタイム!

おはぎとみたらしだんご、あずまだんご、桜餅の4つを注文すると、気さくで笑顔の素敵な奥様が、丁寧に包んでくださいました。

うきうきしながら帰宅して、包み紙をオープン!

おいしそうな和菓子たち!

これに合うのはやっぱり緑茶でしょ!ということで、緑茶を淹れ、早速いただくことに…

まずはおはぎとみたらしだんご。おはぎのあんこは、ぼてっとした柔らかいあんこです。

早速おはぎを食べてみると、あんこの甘さがなんとも上品!もち米とうるち米がブレンドされたご飯と、小豆の食感が残る手造りの粒あんとが絶妙に絡み合って、これは絶品!!

続いてみたらしだんご。

食べてみると、たれがぼどよい甘さでくどくなく、中のだんごが、なんとまあ柔らかいこと!この串にへばりつくだんごを見て、おわかりいただけるでしょうか。

おはぎとみたらしだんごをぺろりとたいらげ、続いて桜餅とあずまだんごを実食。

あずまだんごは、想像よりもあんこが分厚い!おはぎの粒あんも最高でしたが、こちらのこしあんも絶品!中のだんごも柔らかく、あんことの相性も完璧!桜餅も優しい甘さで、口の中に春を呼び込んでくれました。

まとめ

和菓子の老舗「中村だんご店」、素朴でおいしい和菓子と、あたたかい接客が魅力で、100年以上愛されているのも納得のお店です。道向かいに駐車場も用意されているので、車での来店も可能です。売り切れたら閉店なので、早めの時間帯に行かれることをおすすめします。

■甘党の店 中村だんご店■

営業時間:9:00頃~売切まで
定休日:不定休 ※2/16~2/17は休み
TEL 096-344-7355
住所:熊本市中央区坪井3-6-2
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

まだまだ夏!バーベキューもできる菊池の水遊びスポット「千畳河原大場堰」が爽快感ハンパない!

2019.08.17

水道町にある「ビストロ食堂Julienne(ジュリエンヌ)で彩り野菜たっぷりのこだわりの贅沢フレンチ!

2019.08.14

ビールの飲み比べもできる!東区小峯にオープンしたくつろげる素敵空間「cafe AZUR」

2019.08.11

安くておいしい!田崎市場開設時から50年以上愛され続ける大衆食堂「万榮食堂」

2019.08.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

何ここ自動車学校??黒髪にある「子飼公園」が謎すぎる

2019.07.05

上通りできためっちゃおしゃれな空間「オモケンパーク」って何よ!

2019.06.08

PUBLIC RELATIONS

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03