*
とじる
*
とじる
*
とじる

昨年夏まで「元祖熊本らーめんこだいこ」があった跡地に合志市須屋にインドカレー専門店「ナマステ」がオープンしていました!

道路まで漂う美味しそうなカレーの香りにつられて、食べに行ってきました!


インドの雰囲気たっぷりの店内

場所は合志市須屋。熊本市方面からであれば、スーパーキッド菊南店をとおりすぎた高架下をくぐった先になります。

以前、元祖熊本らーめんこだいこの跡地に、ニューオープン。

その当時は、とんこつの食欲をそそる風味豊かな香りが道路まで漂っていたんですが、今は、また違った食欲をそそる良い香りがホワワワーーーン!!!

インドのBGMが流れる店内。店員さんの元気な声と活気に溢れています。

カウンター席が8席。テーブル席は2名用が2脚、6名用が3脚あります。

奥にお座敷があり、4名用テーブルが4卓。子ども用椅子完備。

メニューにも6歳以下用チャイルドセットがあります。辛さも「辛さ無し」から選ぶことができるため、小さなお子様も安心して食べられそうです。

キーマカレーを注文!

カレースパイスの香りに満たされた店内。食べたい衝動に駆られて、早速注文!

数あるランチメニューの中から今回注文したのは「キーマカレー」(税別850円)

全てのランチセットが、スープ・サラダ・ドリンク付き。

カレーの辛さ調整ができます。1HOT(辛さなし)から7HOT(超激辛)まで選べて、さらに辛くすることも可能なんだそう。

辛いものが好きなため、超激辛レベルにするか相当悩みましたが、今回は5HOT(大辛)を選びました。

スプーンですくってみると、スープかなと思ってしまうほどのマイルドさ。

鳥のひき肉を細かくペースト状に刻んで使ったキーマカレーで、生クリームとペースト状のカレールーが相性抜群!本格的なインドカレー専門店ですが、すべてのカレーを日本人の口に合うように工夫してるんだとか。

実際に食べてみたところ、「たしかに!」と納得しちゃいました!!!日本人好みの味で、かつ、インドの雰囲気を感じる美味しいカレーです。

ナンの大きさに驚きました!

なんといっても、ナンがデッカい!!!!!

スプーンと比較すると、これぐらいの大きさです。

ふわふわもちもちの食感。噛みごたえやボリュームもたっぷり!冷めてもモチモチ感は変わらず、小麦の風味が引き立ってほんのり甘い優しい味です。

ナンとライスは、おかわり自由!!!

同じサイズはもちろんのこと、「ハーフナン」のおかわりもOK。

メニュー表に記載はありませんが、「4分の1ナンもOK」らしいので、もう少ーしだけ食べたいときは店員さんに伝えてみてくださいね。

まとめ

日本人が懐かしさを感じてしまうような不思議な魅力のある本格的インドカレーがあるお店。

今回は5HOT(大辛)にしてみましたが、「次回は6HOT、その次は7HOTを食べてみたい!」と、つい次のことを考えてしまいました。

次回の来店まで楽しみになるようなインドカレー専門店「ナマステ」でした。

ナマステ

営業時間

【ランチタイム】

11:00~15:00

【ディナータイム】

17:00~22:00

定休日

なし

駐車場

12台

住所

熊本県合志市須屋1823-5

電話番号 096-242-5653

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

かなこ

かなこ

経営情報誌の記者、業界新聞の営業を経験した後、一般事務職、専業主婦を経て現在に至る。 長いこと東京に住んでいたが、やっぱり熊本が好きで戻ってきた、二児のママライター。 好奇心旺盛な行動派。趣味はドライブと温泉。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

三十路子連れ女が車について考えてみた #7プロに愛車を選んだ理由を聞いてみた!

2020.12.04

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

三十路子連れ女が車について考えてみた #7プロに愛車を選んだ理由を聞いてみた!

2020.12.04

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal