*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市中央区】移転情報。ワインに溺れて夢を見る~菊池市内にあったコントルノ食堂が市内中心部に移転~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

2022年に菊池旅でご紹介した

40代夫婦が行く、おしどり夫婦の里・菊池旅~あなたが居て、わたしがいて、そこには葉書サイズの世界の縮図がある | 肥後ジャーナル – 熊本の今をお届けするメディアサイト (higojournal.com)

コントルノ食堂が熊本市内に移転したという事でお腹を空かせて行って参りました。


2023年5月に熊本市内に移転

下通のドンキホーテ近くからクラブ通りに曲がり、すぐの場所。

クラブ通りにぽっと灯りの灯るコントルノ食堂。

日曜日は17時からオープン。次の日の事を考えてまだ明るい中、最高のイタリアンを求めて17時ピッタリに伺いました。

ご来店の際はご予約をお願いします。096‐352‐2869。

Instagramはこちら

Kenichiro Kikuchi(@trattoria_contorno) • Instagram写真と動画

どなたもワインを飲まない方のグループのご利用は出来ませんので、ご了承くださいませ。

菊池にあった頃から変わらず、ワインと料理を楽しむための空間となっており、ドリンクはワインのみとなっております。

ドリンクのメニュー表はありません。店主と相談しながら、グラスワインやボトルワインを選ぶスタイルとなっております。

どっぷりとコントルノ食堂に浸る

まず、ウェルカムドリンクのスパークリングワインとお通しが出てきます。「カンパーイ!!プハー!」と生ビールを飲む陽気さとは違い、ぬるりと胃を熱くするワインがゆっくりと身体を暖かくさせてくれます。

芸術的な柔らかいかぼちゃ。甘みも自然の味で、口の中でとろけます。菊池にお店を構えておられた時はコースメニューのみでしたが、熊本市内に移転されてからは単品メニューとなりました。

盛り合わせ おひとり1500円

前菜がどれも美味しそうでひとつに絞れなかったので、店主お勧めの前菜盛り合わせを頂きます。菊池のモッツァレラチーズ、走る豚のリエット、赤鶏レバーなどなどどっさり。

ご予算に合わせて こちらは全て10000円前後

店主菊池さんの、ボトルワインの上の方と下の方の味わいに違いを感じて欲しいというお話を聞き、ワインは赤のボトルを注文しました。

選んだのはこちら。少し雨の降りそうな夜で、昼間から憂鬱だった気分がこの美しい赤に溶けて喉から胸を熱くさせてくれます。

赤い影に今年1年を想いゆっくりと食べ、ゆっくりと飲む、最高の夜です。

全部がメインで男前

走る豚肩ロース炭焼き 2650円

赤ワインにお肉。じっくりじっくり焼いてくださったお肉。

さっぱりとしたお肉と少しのソース。コントルノ食堂のお料理は素材の味がすばらしくごちゃごちゃしていないものばかり。それだけ、いい食材を使われているという事でしょう。

根魚(オオモンハタ)の炭焼き 2200円

次はお魚。これもさくっとしていて、赤ワインで流し込むように食してしまう一品。添えてある白菜も生でも食べられるという白菜という事。ぱりっと焼いてあり、それがまたみずみずしく、むしゃむしゃとかぶりついて食べました。

お魚を食べてまた違うワインが飲みたくなったのでオレンジワインをグラスで頼みました。料理の美味しさと酔いで、ここは菊池だったのか、熊本市内だったのか、夜なのか昼なのか、そういったことが全てこの空間の中に溶けてしまいます。

酔いすぎないようにお水も飲みながら、ゆっくりといただきます。

気が付くとお店は満席。全部で13席ほどのお席となっております。ほどよいざわざわ感が心地よい店内です。

馬スジのミートソース 1750円

ショートパスタリガトーニ。穴がとっても大きい。パスタの歯ごたえも馬の程よい歯ごたえもお腹を満たしてくれます。

取り分けても男前な見栄え。濃厚ミートソースが〆てくれます。

デザートワインを頂きました。甘い甘い、大人の贅沢。店主の菊池さんは「市内でお店して、またしばらくしたら、山にこもりたいなぁ」とおっしゃっていました。アウトドアがお好きで、キャンプイベントもされております。(詳しくはInstagramを参照ください)

熊本や菊池の食材を大切に料理されているコントルノ食堂。県外の方にも自信をもってお勧めできるお店です。

昔からのファンの方も、まだ行ったことがないという方も是非。

料理とワインがあれば今夜は幸せーー店主

※メニューは日によって変わります。お値段令和4年12月10日のものです。(変動があるかもしれませんので大体の目安にされてください)

コントルノ食堂

住所

熊本市中央区下通1丁目5−7 TASOGARE東館 1F-E

電話

096-352-2869

営業日

月曜日 18時~23時

火曜日 18時~23時

水曜日 18時~23時

木曜日 18時~23時

金曜日 18時~1時

土曜日 18時~1時

日曜日 17時~21時半

定休日

Instagramやお電話にてご確認ください。

Instagram

Kenichiro Kikuchi(@trattoria_contorno) • Instagram写真と動画

駐車場

なし

電話番号 096-352-2869

ライター紹介

ひらの

ひらの

本が好き、映画が好き、作る事が好き、でライターに辿り着きました。 熊本県以外に住んだことがない、肥後純血種。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

PUBLIC RELATIONS

ワンピース像の前で記念撮影をしている人は日本人より外国人の方が多いんじゃね?説

PR

2024.07.07

【熊本市節水市民運動】1日の水の使用量210リットルを熊本市が目指してるらしいから節水生活をやらせてみた結果……

2024.07.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal