*
とじる
*
とじる
*
とじる

昔は保育園!産山村の「焼きアーモンドカフェDABERIBA」でベーコンの塊に喰らいついてきた

ライター:山田 山田

涼しさ求めてはるばる産山村へ。真夏なのに冷房入れるより窓開けてたほうが涼しい不思議な場所。そんな産山村に、むかし保育園だった建物を改装したカフェがあります。「焼きアーモンドカフェDABERIBA」。ちょっと懐かしい建物で、自慢のベーコンブロックに喰らいついてきました。


産山村の元保育園

焼きアーモンドカフェDABERIBAは、元・産山村立北部保育園があった場所。当時の建物をそのままカフェにしています。

昔ながらの平屋作りで、趣も十分。ぱっと見カフェには見えません。

当時使われていたピアノも置いてあります。

床も当時のままですし、黒板なども再利用。

縁もゆかりもないのに、何故か懐かしさを感じてしまいます。

自然の恵みを使った絶品グルメ

なんて感傷に浸るのもいいですが、ご飯も大事!

産山村といえば、あか牛が特産でお店の推しもあか牛ハンバーグ。
でもね、お隣の産山村特産厚切りベーコンランチも気になる!
だって、ブロックでごろっとそのまま焼かれてるんですよ!!

これ、かぶりついたら絶対美味しいやつ…。

ということで、厚切りベーコンランチを注文しました!!

まるっと1本!食べごたえ抜群 厚切りベーコンランチ

大きなベーコンブロックが2等分されやってきました、厚切りベーコンランチ。

見てください、この厚み。普段、こんな分厚さでベーコン食べたことってあります??
贅沢極まりない…。このベーコン、産山村で燻製したもので薫りもめちゃくちゃ濃厚…。

これを、こんな風にフォークに刺してかぶりつきます!!
ちょっと下品ですが、きっとこれが一番美味しい食べ方なはず!!
噛めば噛むほど濃厚な味が広がってきて堪んねぇです…。

ランチの最後に焼きアーモンド

厚切りベーコン、旨すぎて一瞬で食べ尽くしてしまいました。

ランチには、ドリンクと一緒に焼きアーモンドがついてきます。
そう、ベーコンのインパクトで忘れていましたが、そういえばここ「焼きアーモンドカフェ」なんです。

約20種類の店内で炒ったアーモンドやドライフルーツが販売されています。
それぞれ味が違うサクサクのアーモンド。これうっかりおやつやつまみに買っていくと永遠に食べてしまうやつです。

移住してきた産山で

この「焼きアーモンドカフェDABERIBA」は北九州から移住してきた店主がご夫婦で営んでいるお店です。
地域の方々や村外から訪れた方が楽しく話していく”ダベリ場”になっているそうです。
自然の恵みを受けた料理は味わい深く、歴史ある建物もぬくもりに溢れています。
この暑い時期、山吹水源などを訪れて涼んだ跡に食事を楽しんでいってもいいと思いますよ!

焼きアーモンドカフェDABERIBA

住所

〒869-2704 熊本県阿蘇郡産山村大字田尻581−2

営業時間

10:00~17:00(夜は要予約)

定休日

火曜日

電話番号 0967253650

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

アベックラーメンの人気の秘密と気になるあれこれを聞きに行ってきた

2020.12.02

どこまで知ってる?熊本市中心市街地の通りの名前と由来!下通界隈その1

2020.11.30

下通りにあった「麺屋宗運」が御領に11月28日移転オープン!さっそく濃厚な豚骨ラーメンを食べてきた

2020.11.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal