*
とじる
*
とじる
*
とじる

鬼のコロシアム!?その名も【鬼の城公園】は設定がガチすぎてまさに鬼の住処のような公園でした

ライター:ムトー ムトー

天草と言えば、油すまし先輩の墓があったり河童からジゴンス抜き取られたりと、何かと妖怪の住処のようなイメージですが、その中でも五和町にはボスキャラともいえる鬼の公園があるとのこと。

その名も「鬼の城公園」。

公園に鬼って、ちびっ子用に作られたかわいい鬼なんだろうと気楽に向かったのですが、なんだかもうガチ目な鬼で驚きを隠せませんでした。


見た目で「ひィィィ」ってなる公園なんてかつて存在しただろうか

駐車場に車を停め、公園に足を踏み入れて見える最初の景色からご覧ください。

なんかおる。

ガチやん。

ガチ目な鬼やん。

神社でいうところの狛犬的なポジションなのでしょうか。対になっている鬼は阿吽の呼吸のお顔でした。

まあまあ、言っても鬼がおるのなんて入口だけなんじゃないのと公園の中に入ったところこんな感じ。鬼の回廊って言うんですって。

よく見たら1つ1つ鬼の顔違うので、フラフラと見ていたところ

たどり着いたのは巨大な鬼瓦。

横から見たら口内にスプリンクラーが。夏になるとシャンシャン水が噴き出るんでしょうか?それはそれで見たい。

五和町キッズが突き刺したのか木の枝がマツエクみたいになってます。

マツエク巨大鬼瓦の先には

コロシアム??

これまた鬼のゲート。もう戦うしかない。

とはいえ何したらいいんでしょうね。相撲?残念ながら1人できたし、公園にはひとっこ1人おらず。

下手にここで何かしてマツエク巨大鬼瓦がメキメキと起きだすトリガーになられても困るので、大人しく次のゾーンに向かいましょう。

いよいよ鬼の住処に

再度鬼の回廊を戻り、元いた駐車場へ戻ってきました。

よく見たらマップがありました。私が進んでいたのは向かって左側。であれば次は右側に向かってみましょう。

ちなみに先ほどの鬼は108つありました。煩悩の数ってやつでしょうか。芸が細かい。となれば、目の前にあるこの階段の数はどれくらいでしょう。のぼってみましょう。

1.2.3..

45.46.47…

え、まさかどのホテルでも不吉だということで避けられているあの数字でフィニッシュしてしまうの?

48

49ぅ!!!

こえーもう!こえーよ!鬼!

こんな不吉な感じなの?鬼こえぇ!…と顔を上げて見えたのは

鬼に金棒

表札のように丁寧に「鬼の城」って書いてあるよ。これもう間違いなく鬼の住処よ。

鬼滅の刃でいうところの無限城ですわ。

鬼の足跡あるもん、足でかいよ、そりゃあんな大きな金棒だってひょいと持ち上げられるよ。

「お邪魔します…」と小声で伝え、いよいよ鬼の城に入ってみることに。

私は人間なので大人しく設置されている階段をのぼっていきますが、やはり鬼クラスともなるとそんなまどろっこしいことしてられないんでしょうね。

ダスダスと頂上まで目指す足跡がついていました。

先の見えない階段ってなんでこんなに不安になるのでしょう。死角に鳴女がいて琵琶をベベンと鳴らし空間が上下左右にひっくり返ったらどうしよう。

突然、小さな階段が出現しました。トラップなのかもしれません。足をのっけると自動で動くとか…

何も起こりませんでした。

それにしても一体誰が何のためにこんな歩幅が小さすぎる階段を作ったのでしょうか。鬼の足はあんなに大きいのに。

頂上到着しました。そっと置いてあるテーブルとイスはとても小さく、大人はもちろん子供も並んで座るのは厳しいレベル。鬼の足はあんなに大きいのに(2回目)。

ひょっとしたらここでパワハラ会議が行われているのかもしれません。

上から見る景色は公園内が一望できます。これぞまさに城と呼ぶにふさわしい風景。

なんでこんなにガチな鬼の公園なのか

なかなかのガチ目な鬼、そしてガチ目な設定。公園と呼ぶよりもやはりここは「鬼の住処」と呼んだ方がしっくりくるのではないか。そんな事を考え調べたところ以下のような内容が記載されていました。

五和には、大昔、村人と仲良くしていた鬼がお坊さんと力を合わせて、村人を襲う大蛇を退治したという伝説が残っている。鬼の城公園は、そんなやさしい鬼たちのテーマパーク。

出展 天草観光宝島協会

なるほど。

人間の公園と考えること自体がおこがましい話だったんですよ。大昔にいた鬼のテーマパークなんですから、そりゃ鬼に優しい設計になっているのも至極当然。

ここに来れば鬼の気分になれること間違いなし。今年の節分はここで豆まきするのも面白そうだなと思いましたが、鬼のテーマパークでそんなことしたら間違いなくあの金棒でやっつけられそうなので、やめときます。

鬼の城公園

住所

〒863-2114 熊本県天草市五和町城河原1丁目3159

駐車場

約100台

ライター紹介

ムトー

ムトー

肥後ジャーナル編集長。 「人はなんで痩せなきゃいけないのかな」という思考にまで達したのでもうきっと痩せません。 気にしません。

このライターが書いた他の記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

PUBLIC RELATIONS

今年11月で発売45周年!お菓子の香梅から白い武者がえしが限定発売されたので熊本城の武者返し見ながら食べてきた【プレゼントあります!】

2022.09.23

熊高、済々黌、第一、第二、北高【狭き門】はどこ!?気になったからガチで測ってみた

PR

2022.08.25

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal