*
とじる
*
とじる
*
とじる

毎週土・日限定オープン!廃校跡を牡蠣小屋に改装した「TSUNAGI OYSTER BAR」に行ってきた!

ライター:伊藤 伊藤

オーシャンビュー!最高のロケーションで海のミルクにかぶりつく!

そんな夢のような場所があるんです。

廃校になった津奈木町立「平国小学校」がオイスターバル(牡蠣小屋)として生まれ代わり、行列ができるほどの人気ぶりだということで、早速行ってきました!

もちろん、ツナギを着て!!


美味いぞ!独り牡蠣!

熊本市内から高速道路を使って、車で約1時間半。

津奈木インターチェンジを降り、津奈木町の絶景を眺めながら(脇見ダメ絶対!)、平国小学校を目指します。

元気いっぱいに到着!!

入り口に牡蠣の気配なし。ほんと、まんま小学校です。

校舎に入り、奥進むと出ました

「TSUNAGI OYSTER BAR」

視線を左下にやる

牡蠣!

ひおうぎ貝!

サザエさん!

足赤えび!

津奈木の海の幸がこれでもかとパレードしてますぞ!

伊藤

すんまっせん!!牡蠣ばください!!

店員さん

そぎゃーんおめかんちゃ、わかって!

(そんなに叫ばなくてもわかります)

一皿に牡蠣が約10個(800g)と、手前のお皿は「味付きパン粉」

左からガーリック・柚子ごしょう・焦がし醤油と並びます。

セットで1,500円です。

店員さん

はい、そっば持って、外に来なっせ

こちらが焼き場。開店の10時に合わせて行ったので1番乗り。

10分後には満席になってました。

さ!食うぞ!

独りで…

さみしくないもん。

海が一緒に「美味しいね」って言ってくれるもん。

牡蠣が焼けるのを待つ間に、パンとバジルのセット(300円)も焼いて先に食す。焼き場の熱と食と時間の全てを無駄にしない、完璧な段取り。

伊藤

これみてください!!

懐かしい椅子だ!今見ると小さい

学校で食べるってこういう事か、懐古心くすぐられるんだ!

小学校の時分に戻って、懐かしい話や恥ずかしい思い出話に花が咲きそう。

ま、私は独りですがね。

お!アルコールもありますね!

牡蠣にビール最高!そして、すごく背景とアンバランス。

もちろん亀萬酒造の日本酒アリマス!

そして、小学校で酒を飲むという

背徳感

が、なんか良い。

でも前回、調子に乗ってお酒飲んで迷惑かけたので、控えます。

なんか嫌な匂い!からの…至高の時来たる

あれ?なんか匂う。

あ!!

やってしまった。

しかしながら、

グツグツのバジルソースに手作りパンの相性は抜群。

あああ、このソースに牡蠣付けて食べたい!

て言いよったら

焼けたよ待望の牡蠣!

まずはポン酢で

いただきマンモス!!

あちぃ!

津奈木の牡蠣は大ぶりではないものの、味がギュギュっと詰まってて、食べた途端に磯の香りが口の中いっぱいに広がります。

今焼いてる牡蠣には、味付けパン粉をトッピング

どのパン粉も、牡蠣の味を邪魔せず、なのにフレーバーとカリッと感はしっかり残す。

大杉漣さんのような、名バイプレイヤーのごとし。

津奈木の海を眺めながら食べるので、自然への感謝を噛み締めながら食べることができます。

店内は時間が経つごとに賑やかな笑い声につつま…れ…

美味いぞ!みんなで牡蠣!

このオレンジのつなぎ…

前回、津奈木町を案内してくれた

濱田さんやないかい!

濱田さん

あれ、伊藤さん、え…

独りなんすか?(微笑)

伊藤

まぁそうですけど。

てか、僕来るの知ってたでしょ?

濱田さん

知ってましたけど、もういるとは思いませんでした

伊藤さん来る前に、友達とワイワイやっとこうかなぁと。

やっぱ、大勢で食べる牡蠣は最高ですね!

ほんとだ、楽しそう。

しかも網の上には

盛りだくさん。

ひおうぎ貝の身は、ホタテより少し小さいけど、貝柱が大きくて内臓が小さいので、あれが苦手な方も食べれます。

足赤エビは、車海老より2回りくらい大きいのに、エビ味濃厚でプリプリ食感。

独りでも大勢でも、間違いなく美味しい津奈木の牡蠣や魚介類。

必ず予約してこないと、1時間〜2時間待ちになるかも!

おみやげは津奈木物産館「つなぎ百貨堂」

アートの町津奈木町!というだけあり、町の至る所に、ブロンズ像や絵画が展示してあるのですが

町の物産館「つなぎ百貨堂」も、かなりアートな作りをしています。

オイスターバルから車で15分程度で到着します。

写真左下に見える、なんかいっぱいの枠。

さすがアートの町としか言いようのないオブジェ。

中に入ると、自分も作品の1部になったような錯覚を覚えます。

ここで購入できるレア商品がこのバジルソース。売り切れごめんの人気商品なので、見かけたら即買いがおすすめです。オイスターバルでも販売されてますよ。

そのほか

津奈木町特産のスイートスプリング100%のゼリー

つなぎの海の幸

亀萬酒造のお酒、などなど。

津奈木のイーものオイシーものが大集合してます。ここで津奈木のお土産購入と一緒にアートを楽しむのもいいかも。

津奈木にきたらここ行かなきゃ。海上の舎「赤崎小学校」(天空の城ラピュタぽく読んで)

テレビや雑誌などで再三取り上げられているので、知ってる人も多いかと思いますが、ここが海の上にある「赤崎小学校」。

オイスターバルが行われている小学校ではないので、ご注意を。

せっかくなので、赤崎小学校も見てきました。

一見普通の校舎ですが、近くに行くと

本当だ、海の上に建ってる。

ここから竿を出して釣りをしていたらしい!

耐震性の問題や老朽化で、中には入れません。

赤崎小の横にある「赤尾島」。干潮時には陸が現れて、島まで行けます。

ここを津奈木町アート第2の拠点として展開して行く模様。乞うご期待!

まとめ

津奈木町の廃校「平国小学校」を有効活用したオイスターバルは、津奈木町の海の恵みと地域の方々の協力で大人気でした。

4月下旬まで牡蠣が採れる希少な海、ということで

春になると

満開の桜と海を見ながら牡蠣が食べれるらしい!

きっと極楽のような景色だと思う。

皆さんも、牡蠣と絶景とアートに触れる津奈木の旅に出かけてください!

TSUNAGI OYSTER BAR(平国小学校)

営業時間

午前10時~午後4時

場所

旧平国小学校(津奈木町大字福浜3503番地)

WEBサイト

http://www.town.tsunagi.lg.jp/page2327.html

電話番号 0966-78-2015

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

伊藤

伊藤

劇団「真夜中ミサイル」主宰、アニソンやメタルのDJ、バンド、サブカル好き拗らせ45歳独身。寿司食い放題で大量に喰らい、店からの出禁まで喰らった大食漢。だったが、衰えた。

このライターが書いた他の記事

水俣の老舗醤油屋「中屋醸造」の醸造へかける想いが岡本太郎っぽかった

2020.08.17

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

PUBLIC RELATIONS

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal