*
とじる
*
とじる
*
とじる

3月16日オープン!九品寺「ダディーズカレー」の欧風ビーフカレーを食べてきました

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

九品寺に新しくオープンしたカレー専門店「ダディーズカレー」がおいしいと聞き、さっそく行ってきました。


ダディーズカレーってどんなお店?


場所は熊本市中央区、九品寺一丁目。
なんともレトロな洋風建築の建物が「ダディーズカレー」です。
それにしてもダディーってお父さん?郷ひろみ?めっちゃ怖い頑固おやじみたいなのが出てきたらどうしよう、と色々思いめぐらせながら入店します。


入ってみると、お店の中は想像以上の異空間。蓮の花がゆらめくランプや書棚のような壁紙があるほか、


王様が座るとしか思えないイスも!


カウンターも合わせて全12席。アンティーク系のインテリアが好きな人にはたまらない空間です。

和牛たっぷり!人気の「欧風ビーフカレー」を実食


看板メニューは「欧風ビーフカレー」950円です。+200円でコーヒーがつきます。


チーズがのったターメリックライスに、存在感のある大きな和牛がごろごろ。


別添えのグレービーボートにたっぷり入ったカレールーをかけていただきます。

見た目にはさらっとしたルーですが、深みのあるおいしさ。+50円で辛口にもできます。


とろっとしたスジの食感もありつつ、やわらかすぎず、しっかり食べごたえのあるビーフ。


カレールーの辛味がもう少しほしい、ちょっと風味を変えたいという時には、2種類のスパイスを使って味変もできます。


付け合わせはその時によって変わることもありますが、この日は高菜のクミン炒め玉ねぎのアチャール(お漬物のようなもの)。
後からクミンの香りがふわっと追いかけてくる高菜と、ちょうど良いさっぱり感のある玉ねぎ。箸休めも楽しい一皿でした。

ダディーズカレーのオーナーにお話聞いてみました


こちらがオーナーの徳永さん。心配していたような頑固おやじではなく、笑顔のステキなお兄さんで一安心。店名の「ダディー」は徳永さんのニックネームで、学生時代から呼ばれているのだそう。

こだわりのオリジナルカレーは数十種類のスパイスを調合して、すべて手作り。欧風カレーだけでなく、スパイスカレーもお店でイチから作っています。

「ヤゲン軟骨のキーマカレー」850円は、軟骨の食感とスパイスの豊かな香りが楽しめます。


レトロな雰囲気の店内ですが、2階はレンタルスペースとしてギャラリーになっています。撮影や展示会、イベントなどで使えるので、気になる人は問い合わせてみてくださいね。

まとめ


2020年3月16日にオープンした「ダディーズカレー」。専用駐車場はないので、近隣のコインパーキングを使いましょう。
独特のインテリアの中でおいしいカレーとコーヒーを楽しめる、九品寺の隠れ家でした!

ダディーズカレー

所在地

熊本市中央区九品寺1丁目11−9

営業時間

昼11:00~14:00
夜は不定期にて営業 18:00~20:00

定休日

水曜・日曜・祝日

電話番号 080-3973-6488

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

1970年代生まれのトラベルライター。結婚を機に熊本へ移住し、普段は中央区をうろうろしています。おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系も好き。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】街中に16本のクスノキ!オークス通りの大楠

2020.09.02

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

PUBLIC RELATIONS

珈琲回廊が季節限定で無花果大福を発売中。数量限定の商品は、こだわり抜かれた最高な一品

2020.09.18

熊本市のPR動画を読者&市民のみんなで作ります!って言っちゃったから助けてください。ほんとうもうマジで。

PR

2020.09.17

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal