*
とじる
*
とじる
*
とじる

待望のサイゼリヤ熊本下通店が11月22日オープン!より楽しめるサイゼリヤ裏情報も直撃!

ライター:ちえ ちえ

本場イタリアの味をリーズナブルに楽しめるサイゼリヤの熊本2店舗目が、11月22日に、下通りのマツモトキヨシ2階にオープンしました!繁華街にできたことで、車の運転を気にせずイタリアンワインが飲めたり、ビジネスマンのランチ利用や、飲んだ後のスイーツなど、楽しみ方の幅が広がりそうです。

今回は特別に、サイゼリヤがもっと楽しくなる!おいしくなる情報を、肥後ジャーナルが本社担当者に直撃取材してきました!


他店にはない!オシャレな内装

わさもんらしくオープン日にお邪魔したサイゼリヤ熊本下通店。平日だというのに、店内は満席で大盛況です!

サイゼリヤというと、緑のイスにオレンジの壁といった、カジュアルな内装のイメージがありましたが、下通店は内装に力を入れられたそうで、ダークブラウンの落ち着いた雰囲気です。

レンガ風の柱や、イタリアの美しい風景写真ががライトアップされた壁など、サイゼリヤとは思えないようなオシャレな空間となっています。

値段を上回る料理のクオリティ

今回は、サイゼリヤ本社で、広報兼会長秘書を務められている儀間さんに、特別にサイゼリヤのこだわりを聞いてみました!

まずは、街にできたからこそ楽しみたい!イタリアンワインに前菜。写真右のパルマ産プロシュートは、なんと1年間熟成されたもので、必要な分だけ、毎日工場でスライスされたものが提供されるので、香りもよく新鮮な状態で楽しめます。

水牛のミルクで作られたフレッシュチーズのサラダに使われているルッコラやレタスなどの野菜は、料理に合うものを種から開発し、契約農家で栽培されたものを仕入れるというこだわりよう。

柔らか青豆の温サラダは、熟する前の甘くて柔らかい豆が使われているため、グリンピースが苦手な人にも好評!卵を絡めたり、世界最古のチーズと言われるペコリーノチーズを100円でトッピングするのもおすすめです。

ハンバーグステーキも、このボリュームで399円!トッピングディアボラ風ソースは、ガーリックの旨味で食事がすすみます!

もちろん、名物のドリアやパスタ、エスカルゴなどもおいしいですが、デザートまでぬかりはありません!

イタリア直輸入のプリンと、とろけるティラミスが両方楽しめる盛り合わせなど、充実しています。

こんなの知らなかった!サイゼリヤの魅力

無料で使えるオリーブオイルやグランモラビアチーズへのこだわりもすごいんです!オリーブオイルは、熱や振動に弱いため、イタリアから輸送する際は、定温で劣化しないように運ばれているそうです。チーズもなんと、お店に並ぶものはその日削られたもので、生食用として提供されるのはたった1日だけだそうで、新鮮そのもの!

また、キッズメニューにある間違い探しは、大人でも探すのが難しいとネットで話題になり、間違い探しだけの本も出版されたほど!子どもと一緒にわいわい楽しめそうですね。

まとめ

良質なものをよりリーズナブルに!イタリアの豊かな食文化を提供していきたい!というサイゼリヤは、なんと増税後も税込価格据え置き(実質2%の値下げ)で、今後も安心して外食を楽しめそうです。お手頃価格というだけではなく、品質や素材にもこだわった商品が自慢のサイゼリヤのオープンで、今後また、街での楽しみが増えそうですね!

サイゼリヤ 熊本下通店

営業時間

10:00~24:00

店休日

なし

電話番号 096-312-0711

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal