*
とじる
*
とじる
*
とじる

6月15日に水前寺にオープンしたばかりの、「Soil Oranic Kitchen(ソイルオーガニックキッチン)」。

使われている食材は、無農薬・無肥料の自然栽培のもので、調味料も徹底的に選び抜かれた本物ばかり!

体が芯から喜ぶ食材を、魔法のようにおいしく料理してくれるお店です。


ぬくもりのある手作りのお店

こちらが水前寺にオープンしたばかりの「Soil」。

駐車場は道路を挟んだ向かい側にあります。

席数は少ないですが、その分、シェフとの距離感が近いお店です。

内装はシェフの奥様がデザインされ、大工であるお父様と手作りされたそうで、ぬくもりを感じる空間になっています。

オープンキッチンの前にカウンターがあり、原材料からこだわり抜かれた調味料やお酒が並びます。

自然栽培の食材100%のランチ

ランチは3コースありますが、今回はデザートつきのbコースをいただいてみました。

まず運ばれてきたのは、こちらの副菜5種の美しいプレート。

きれ~い!思っていたら、なんと下の段からメインも登場!

重箱のようになっていて、驚きの仕掛けにびっくりです!

副菜の方は、有精卵を使った茶碗蒸しや、切干大根の生酢、手作りのハムなど、味も触感も違うお料理ばかりで、どれを食べても、ほんっとに美味しい!!!

そして、和の雰囲気が強かった前菜から打って変わって、メインはフレンチ風。

菊池の走る豚の角煮と、天草の天然真鯛のソテーに、ズッキーニなどの旬の野菜が大胆に使われています。

お肉は柔らかくて味が染みていて、香ばしく焼かれた鯛も美味!

なによりも野菜が甘くておいしくて、えんどう豆や人参のソースも華やかです。

自然栽培の野菜の恵みがぎゅっと詰め込まれた一皿です。

さらに、ご飯とお味噌汁がついてきますが、味噌汁の味噌は、菌を加えずに、古来からある浮遊している菌で発酵させたという天然菌の味噌!しっかりとしたうまみがあって、日本人でよかったー!としみじみ実感。

ご飯も自然栽培のササニシキで、もちもちしているというよりは、あっさりとした軽い感じのお米です。おかわりもできたので、迷わずおかわり!

デザートや焼き菓子も楽しめる

最後のデザートはレアチーズケーキ。

グラスフェッドという、牧草のみで育てられた牛のチーズが使われていて、添えられているプラムジャムも無添加の手作りジャムです。

コーヒーは、ウガンダの自然栽培の豆を使ったコーヒーで、提供されるものすべてが、地球と体に優しい自然栽培のもの。

パウンドケーキやプラムジャム、自然栽培の野菜等は店頭でも販売されています。

焼き菓子にも、有機豆乳や自然栽培小麦粉などが使われており、スイーツにいたるまで徹底して自然栽培のものが使われています。

地球と体に優しい自然栽培

ここまでこだわり抜いた料理を提供されているのが、柳原さんご夫妻。

ご主人が料理を作られており、奥様がスイーツとコーヒーを担当されています。

自然栽培とは、農薬や肥料を使わず、自家採種で栽培を行う方法で、土作りだけで5~10年もかかるそうです。自然栽培だと水や土が汚されることもなく、虫たちとも共生しながら、お米や野菜の栽培を行うことができます。

自然栽培で育てられた野菜はうまみもあり、味もピカイチ!そんな美味しい野菜たちを、結婚市場や焼鳥屋など、あらゆるお店で修業された経験豊富なシェフが、魔法のように、素敵な料理に変身させてくれるお店です。

なにか選択する機会がある場合、「自然か、自然ではないかで判断して、できるだけ自然のものを選ぶようにしています」という柳原さん。「自然栽培の作物を食べて、皆様と一緒に元気になっていきたい」と笑顔で話してくださいました。

オードブルやお弁当、出張料理もされているので、自然栽培の作物の魅力を感じてみたい方はぜひ、「Soil」のお料理を味わってみてください。

Soil Organic Kitchen

営業時間

ランチ 11:30~16:00(o.s.15:00)

ディナー 18:00~22:00(o.s.21:00)

※ランチ・ディナーともに要予約

定休日

木曜日・金曜日

臨時休業など、ホームページにてご確認ください。

駐車場

あり

ホームページ

https://www.soil-organickitchen.com/

電話番号 096-385-1410

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

PUBLIC RELATIONS

熊本ラーメンの定義がマー油の有無だと仮定した場合、まずは拉麺劉のマー油を食べなきゃ話にならない。

PR

2021.09.10

BYMホーム×肥後ジャーナル共同企画【ミライ応援プロジェクト】始動!

2021.09.06

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal