*
とじる
*
とじる
*
とじる

水道町親和会が主催する「水道町感謝祭」が11月14日(水)に開催!

このイベントの特色は、水道町に店を構える人気飲食店が会場に各自ブースを出して、オリジナルカレーを提供することです。

くまもと地下水財団」の協賛の下、熊本の魅力である綺麗な地下水を守って行こう!という「ウォーターオフセット事業」の取り組みの一環で、財団と水道町親和会がタッグを組んで毎年イベントを行っています。

※今年は先に2月にもこのイベントが行われておりました。


ウォーターオフセット事業とは?

引用元:https://kumamotogwf.or.jp/

あまり聞きなれない言葉ですが、ウォーターオフセット事業とは、地下水を育む田畑で栽培された農産物や農産加工品、それを食べて育った畜産物などを意識的に買うことによって、使用した地下水量を賄おうという壮大な取り組みです。

カレーの価格がなんと全品300円!?と大サービス!

水道町にある組合加盟店の人気の各店の中から今回は4店舗が自慢のオリジナルカレーを提供!

その今回出店するお店は…

・「ホテル メルパルク熊本

・「INDY BELL (インディベル レストラン)」

・「CAFÉ DE 水道町

・「國枝鮮魚店

の4店舗が登場!絶品のカレーが1皿300円で食べられるとあって、会場である水道町二丁目の「太陽第3ビル」隣の道路では毎回大変な行列が!

メルパルクさんの本格ホテルカレーも美味しそうですし、國枝鮮魚店など、和食のお店が出すカレーというのも気になりますね!

11時オープンから行列する可能性も!?

引用元:GoogleMAP

この写真に見える細めの道が「水道町感謝祭」の会場となります。

オープンが11時からとなりますので、可能であれば早めの来場をオススメ!

イベント自体は17時までですが、毎回早々に売り切れてしまっています。場合によってはオープン2時間程度で全て売り切れるくらいの人気な時もあるそうです!

イベント会場の道路は、片側が各店カレーブース、もう片側がカレー以外のグルメや農産物などを提供するマルシェブースとなります。

平日開催がこのイベントの主旨のひとつ!

このイベントはあえて「平日」に開催するのがポイント!週末・祝日などでは、お店自体が忙しいことと、水道町周辺のオフィス街で忙しく働く方々のために、美味しいカレーを提供したいという思いからのようです。

嬉しい街中で開催される水道町の美味しいカレー一皿300円のイベント!抽選で豪華プレゼントもあたるくじ引きも!

ぜひ伺ってみてはいかがでしょうか?

■水道町感謝祭2018■

日時:11月14日(水) 11:00〜17:00

住所:熊本県熊本市中央区水道町2-16付近

問い合わせ:090‐8918-2801(水道町親和会)

地図


data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

上野P

上野P

リビング新聞やひごなびといった 媒体での仕事経験が豊富な上野P りようとは一回り以上年が違うため、お父さん的存在でもある。 肥後ジャーナルメンバーの中でも最年長ながらも グルメ担当として、今日も明日も飯を喰らう!!!

このライターが書いた他の記事

創業30年以上!熊本の老舗ジェラート店「ジェラテリア カプリ」の絶品手作りアイスの数々!

2019.06.02

熊本の老舗劇団「市民舞台」に演技指導を受けに行ってみた

2019.05.01

熊本郷土料理がフレンチに!花岡山にあるおしゃれなレストラン「和French そよ風の丘 Kinoshita」

2019.04.17

創業約160年!「浪花屋本店」の作る郷土菓子「銅銭糖」

2019.04.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

熊本2店舗目のサイゼリヤが11月オープン決定!今度はなんと下通りだっ!!

2019.09.10

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

PUBLIC RELATIONS

転生したら社長だった件

PR

2019.09.20

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal