*
とじる
*
とじる
*
とじる

【宇城市】不知火海が目の前に…!新鮮な海の幸を最高のロケーションで味わえる「松海苑」

ライター:ちえ ちえ

夏といえば海!

海水浴やマリンスポーツもいいですが、海を見ながら、ゆっくりと海の幸を堪能するのも大人の贅沢ですよね。

不知火海の目の前で、とれたての新鮮な魚介類をじっくり堪能できるお店がありました!


素晴らしいロケーション

「松海苑」があるのは、永尾剱神社近くの宇城市の国道266号線沿い。

国道から少し坂を上っていった先に駐車場があり、立派な佇まいのお店があります。

中も和風の造りで、ほっと落ち着く空間です。

個室が8室あり、それぞれの部屋から美しい不知火海を眺めることができます。それだけで心がすっと穏やかになるほど…

訪れた時はあいにくのお天気でしたが、道向かいに海が見えるお部屋は、本当に最高のロケーションで、とっても気持ちの良い空間です。

新鮮でリーズナブルなコース料理

今回は、お昼のコース2,500円(税別)をいただいてみました。

まずは、ガラスの器に盛られた、彩りも美しいサラダ。

イタリア風のドレッシングがさっぱりとしていて、もりもり野菜が食べられます。

そして、今が旬のシャクの天ぷら!

写真は3名分になりますが、それでもかなりの量!
食べてみると、カリッとサクサクで、臭みもまったくなく、頭も尻尾も柔らかくて本当に絶品!

この時期ならではの、旬のシャクを食べられる幸せを噛みしめました。熊本の初夏を感じさせてくれる海の恵みです。

まんまるの辛子蓮根もついていて、こちらもまた鼻に抜ける辛子がさわやかで美味でした。

そして、旬野菜と海老の天ぷらも…。かぼちゃにナス、インゲンに椎茸と、ボリュームもたっぷりです。

海老もかなり大きくて、ぷりっぷり!

サクサクに揚げられていて、箸が進む美味しさです。

そして、ホワイトソースが濃厚で、優しい味のグラタンも…

こちらにもプリプリの海老が入っていて、手作りのソースがまたとろとろで美味しい…!

シメは、ご飯にゴーヤの和え物、そしてワタリガニの味噌汁!

大きなお椀に、ワタリガニがまるごと入っていて、濃厚な出汁が最高です!

飲んだら「あぁ~~~っ!」と幸せのため息がでる美味しさ。

ちなみにご飯は、最初に持ってきてもらうこともできますよ。

そしてデザートは、夕張メロンアイス。

海を眺めながら、新鮮な海の幸に舌鼓をうてる、贅沢なコースでした!

海水を使ったいけすが特徴

松海苑には、向かい側の不知火海から、直接海水をひいているといういけすがあるそうで、カニなどはこのいけすに入れられているそうです。道路を渡らせて、地下から海の水をひいているそうで、いけすの中の水は海そのもの!不知火海や天草でとれた海の幸を、鮮度を逃さず、生きたまま管理されているので、新鮮な海鮮を味わうことができます。

松海苑では、旬のものを、訪れるお客様に合わせて提供するように心がけていらっしゃるそうです。

そして、今は使われていないそうですが、外にはテラス席も…。煙草を吸われる方は、ここで海を眺めつつ一服するのも気持ちよさそうです。

お昼のコースは、2,500円から500円刻みでの注文が可能で、夜は3,000円~10,000円ぐらいで予算に合わせたコースを用意してもらえます。完全予約制になりますので、行かれる際は事前予約をお願いいたします。

女将さんや店員さんの接客も気持ちがよく、ゆっくり食事ができる場所なので、法事やお祝い事などでのご利用もおすすめです。

松海苑

営業時間

11:00~22:00

完全予約制

定休日

不定休

駐車場

あり

電話番号 0964-42-2411

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal