*
とじる
*
とじる
*
とじる

新しいご当地バーガー「太平燕バーガー」が阿蘇くまもと空港内「キッチン空福亭」で新発売!

ライター:肥後ジャーナルライター 肥後ジャーナルライター

阿蘇くまもと空港のフードコートにある「キッチン空福亭」。ボリューム満点の「あか牛ハンバーガー」が人気ですが、新商品「太平燕バーガー」が登場!

「え?ハンバーガーと太平燕がどうやってコラボしてるの!?」という疑問を解消すべく、取材にうかがってきました!


場所は阿蘇くまもと空港3階のフードコート

阿蘇くまもと空港のフードコート奥にある、地産地消食材を扱ったハンバーガーや焼きそばを提供する「キッチン空福亭」。

お店自慢の「あか牛バーガー」は、熊本県産小麦粉と米粉を使用バンズや、熊本阿蘇の赤牛100%のビーフをパティに、ベーコンは阿蘇豚を使用し、お野菜も阿蘇や八代トマトなど全て県内産。

チーズは阿蘇ミルク牧場から、オーロラソースも八代のはちべえトマトの使用するなど、徹底した地産地消バーガーです。

全国4位にもなったハンバーガーはサイズも佐世保バーガー並みの超ビッグ!

今回取り上げるのは、「あか牛バーガー」に負けず劣らずの地域色豊かな「太平燕バーガー」!

写真を見ても「あか牛バーガー」と比べてもさらに溢れんばかりの具材!サイズ感もさらに増したバーガーのようです。

「太平燕バーガー」セットを注文!

早速「太平燕バーガー」セットを注文してみました!

ドリンクも色々選べるので、今回は阿蘇ジャージー牛乳をチョイス!。

春巻きの中に太平燕の具材がみっちり!「太平燕バーガー」

ハンバーガーの包みを開いてみますと、バーガーから勢いよく突き出た二本の春巻き!

これが「太平燕バーガー」の正体、春巻きの中に、太平燕の具材を丸ごと詰めて揚げているそうです!

太平燕春巻きもとても大きくボリューミー。

具材は、人吉産キクラゲや、八代の日奈久ちくわなどがふんだんに使われています!

春巻きの中に、太平燕の味わいがぎゅっと凝縮されていて、バンズとの相性もバッチリです。

ご当地熊本色満載のファストフード店!

飛行機に乗るとき以外、中々立ち寄らない阿蘇くまもと空港ですが、県外からのお客さんを出迎える出入り口として、グルメも充実しています!他では食べられない地域独自のアイディアメニューが豊富なので、ぜひ熊本のみなさんにも食べていただきたい一品です!もちろんテイクアウトOKですよ!

■キッチン空福亭■

住所:熊本県上益城郡益城町大字小谷1802-2 阿蘇くまもと空港ビル3階フードコート内

営業時間:11:00~その日の最終便出発まで

※朝は6:35~11:00までモーニングメニューとなります。

定休日:無休

電話:096-232-2865

地図

お店のHPはこちら

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

電気があればなんでもできる!ドローンで電線つなぐ瞬間に立ち会ったよ!

2023.02.08

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

PUBLIC RELATIONS

電気があればなんでもできる!ドローンで電線つなぐ瞬間に立ち会ったよ!

2023.02.08

人吉球磨で生きていく。~陰キャも陽キャもまんなキャもどんとこい~

2023.02.04

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal