*
とじる
*
とじる
*
とじる

【人吉市】常時見学可能!幽霊寺と呼ばれる「永国寺(えいこくじ)」にある幽霊の掛軸を見てきました!

ライター:川上 川上
キーワード:

こんにちは。川上です。

人吉市にある「永国寺(えいこくじ)」は、幽霊の掛軸があることから『幽霊寺』とも呼ばれています。

とても有名なお寺なんですが、実は1度も行ったことがない…。

幽霊が苦手なので、絶対に行きたくない!と思ってました…(幽霊見たことないけど)

しかし厳しい残暑の中、ちょっとでも涼しくなりたいと思って勇気を出して行ってきました。


人吉市にある曹洞宗の寺院「永国寺」

今回やってきたのは人吉市の「永国寺」。応永15年(1408)年に創建された曹洞宗の寺院です。温泉旅館が並ぶエリアからも近く、人吉城跡からも車で5分程度の場所にあります。ナビに従って車を走らせると、町並みの中にお寺が出現します。

立派な門は重厚感があり、歴史を物語っているかのようです。金剛力士像も迫力満点。

お寺の敷地はとても広く、五重石塔肥後三十三観音などもあります。

「永国寺」は、西南戦争の際に田原坂で敗れた西郷隆盛が本営とした場所だそう。西郷本営跡碑もありました。

幽霊の掛軸がある本堂

本堂には自由に入ることができます。焼失した後、明治24年に再建、さらに平成29年に改築されました。

中には、あの幽霊の掛軸のレプリカが常時展示してあるので、時間内であればいつでも見学できます。どきどき。

本堂はとても明るく、きれい!

そして、中をぐるーっと見回すと見つけました!

幽霊の掛軸!

この掛軸は、永国寺を開山した実底超真和尚(じっていちょうしんおしょう)が描いたものと言われているそう。永国寺が焼失した際に寺宝などが燃えましたが、その中で残っていたものの1つだそうです。

ちなみに実底超真和尚は先日ご紹介した「鳳儀山 石水寺」を開山した方でもあります。

ずっと怖いと思っていましたが、明るい時間に行ったからか不思議と怖さはありませんでした。むしろ、その時代の作品を見れることにちょっとした感動さえ覚えます。

幽霊が出たという池

永国寺には幽霊が出たと言われている池もあり、こちらも見学することができます。

池へは、本堂の右手廊下から進みましょう。

しばらく進むと前方に池が!こちらです。

生い茂った緑の中に池があります。

不慮の死によって成仏できなかった女性が、実底超真和尚を頼って幾度もこの池に現れたんだそう。その姿を描いたのがさっきの幽霊の掛軸です。

はじめは幽霊と聞いて怖い!という考えが先にありましたが、当時の物語を聞くと怖さが興味に変わっていくのがとても不思議です。

人吉へ行った時にはぜひ!

今回は人吉市へ行ってきました。別名、幽霊寺と呼ばれる「永国寺」は常時【幽霊の掛軸(レプリカ)】が展示されています。さらに、幽霊が出たという池も見学することが出来ます。ぜひ行ってみて下さいね!

永国寺(えいこくじ)

住所

熊本県人吉市土手町5

営業時間

8:00~17:00

電話番号 0966-22-2458

ライター紹介

川上

川上

理系育ちの元研究者で元バンドマン。人見知りなのにグルメサイト、広告代理店の営業をして熊本県内を回っていた経験あり。ほとんどの場合年下に見られるが昭和生まれ。特技はお酒飲んだら友達が増えている事。

このライターが書いた他の記事

【熊本市中央区】しっとりでぷりぷりチキン!城見町通りにシンガポールチキンライスのお店「獅子虎」がオープン!

2023.09.23

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

忘れとらん?今年2月にマイナンバー申請した人のマイナポイント申請は9月までってよ

2023.09.16

PUBLIC RELATIONS

忘れとらん?今年2月にマイナンバー申請した人のマイナポイント申請は9月までってよ

2023.09.16

【チケットプレゼント〆切りました】阿蘇ロックフェスティバルのタイムテーブルと贅沢な新イベント発表!&マスコットキャラ爆誕!

2023.08.29

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal