*
とじる
*
とじる
*
とじる

宇土にもあった船場橋。熊本地震の被害からすっかりキレイになっていました!

ライター:羽田さえ 羽田さえ
キーワード:

最近では大相撲・正代関の出身地としてアツい熊本県宇土(うと)市。

おいしいものや風光明媚な場所もたくさんあるけれど、歴史も深い街でもあります。

水にまつわる歴史的な遺構も多い宇土で、アーチ型の美しい石橋、船場橋を見に行ってきました。


宇土の船場橋とは

「船場橋」という橋や地名は全国あちこちにあります。

熊本だと熊本市中央区、「あんたがたどこさ♪」の童謡で有名なタヌキのいる船場橋の印象が強いけれど、実は宇土にもあるんです。

そんな宇土の船場橋は、2016年の熊本地震で被災。亀裂が入ったり欄干が倒壊したりという被害を受けました。

2019年ごろのニュースで「宇土の船場橋が2020年春までに解体修理される」なんて聞いたけれど、続報を目にしていない気がします。
どうなったのか気になる…ということで、とりあえず行ってきました。

修理終わってキレイになってた

さてそんな船場橋、結論めっちゃキレイになっていました。

長さ13.7メートル,幅4.1メートルの単一アーチ橋、宇土市指定有形文化財の船場橋です。

エレガントなたたずまい。

重厚感がありながら、馬門石というピンク色の石が使われているためか、何だかかわいらしい雰囲気もあります。

自転車でも渡れる作り。架橋の時期ははっきりしないものの、江戸時代の末期頃と伝えられています。

解体修理の様子も、パネルで解説。地震のあとは県内各地でいろいろなドラマがあったけれど、ここも大変な作業だったんですね。

船場橋以外もいろいろステキ

周辺には江戸時代には宇土細川藩蔵屋敷があり、水運の拠点として栄えた地区です。

橋だけではなく、船着場や石垣もよく残っています。レトロな味わい。

井戸のようなものを見つけて近づいてみると、現存する最古の上水道と言われる「轟泉水道」の最終点なのだそう。

なんか宇土、いろいろすごい。

さらにお隣には陶器の貼られた橋も。宇土の特産品、網田焼(おうだやき)が使われているのだそう。

繊細な柄がステキ。こちらは新船場橋とも呼ばれているようです。

川岸に連なるエノキの木も趣があります。落葉樹なので今はすっきりしているけれど、夏にはまた雰囲気が変わりそうです。

まとめ

宇土の文化財「船場橋」。

熊本地震の被災から、たくさんの人たちの尽力で見事に復活していました。ちょっとした歴史散歩を楽しめます。

宇土の歴史を感じる美しい石橋とその周辺の風景を、いつまでも残したいですね。

宇土の船場橋

所在地

熊本県宇土市本町

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

羽田さえ

羽田さえ

県外出身、1970年代生まれのライター。専門分野は旅行関係。巨木、仏像、おいしいもの、レトロなもの、じわじわくるB級系などが好きです。

このライターが書いた他の記事

【くまもとの巨木】阿蘇の田園風景の中に、杉と桜のハイブリッドな木があった

2021.05.01

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

無人島で文明的ソロキャンプ!電気の力で無人島もめちゃくちゃ快適だった

2021.04.30

PUBLIC RELATIONS

ファンシードールがコンシェルジュサービスを始めたって。【読者プレゼントあり】

2021.05.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal