*
とじる
*
とじる
*
とじる

揚げパンおひとついかがでしょう?居酒屋「多咲亭」の揚げパンがふわふわでたまらない!

ライター:山田 山田

最近、お弁当やお惣菜が昼間でも買える居酒屋さんが増えていますが、今回紹介するのは揚げパン。それも最近始めたわけではなく、10年以上前からお昼は揚げパン屋さんだという北区楠の「多咲亭」というお店。サッと揚げた揚げパンはふわふわしていて、なんだか懐かしい昔ながらの揚げパンでしたよ!


楠にある「多咲亭」

今回、訪れたのは北区楠にある「多咲亭」。夜は居酒屋なのですが、昼間は揚げパンはを販売しているお店です。

駐車場に揺れる「揚げパン」ののぼり旗につられてやってきました。

最近始めたのかな?と思いきや、10年以上揚げパンを販売しているそうです。知らなくてごめんなさい。

居酒屋の入り口の脇に小窓があって、ここで揚げパンを注文できます。

味はシナモンときなこの2種類で、1本200円。以前は150円で販売していたそうですが、原材料の高騰にあらがえず。

シンプルに2種類なので悩まずに選べますよね。1個ずつ下さいって。

シンプルだからこそ美味い!

揚げパンは昔ながらのコッペパンをサッと油で揚げて…

熱々のまま、きなことシナモンにからめて出来上がり!

こうして見ると凄くシンプルなんですけど、揚げパンって本来そういうものですからね。これが美味しいんです。

このふわふわ感を体感せよ

まずはきなこを頂きましょう。紙袋の文字が可愛い。

紙袋をはさんでいても感じる熱々感。もうたまりません。

まずはこのきなこの揚げパンから。

わかりますか、このたっぷりのきなこ感。ふっと息を吹きかけると粉が舞うくらい。

そして、ぎゅっと握ると熱くて落としそう。

一口かじるとふわっふわで柔らかい食感がたまりません。

きなこも馴染んでいてめちゃくちゃ進む。これはカロリーお構いなしにバクバクいってしまうやつです。

1個でおやつにちょうど良い感じでした。

昔ながらの揚げパンを揚げたて!

「多咲亭」の昔ながらの揚げパン。シンプルだからこそ、求めていた美味しさを感じることができました。

お昼は11時半ごろから販売されて、夜も居酒屋の営業終了まで販売されているようなので、おやつから夜食までまかなえそうです!

そしてなにより、お店のおっちゃん、めっちゃいい人。近くをお立ち寄りの際はぜひ一度ご賞味あれ!

多咲亭

住所

〒861-8003 熊本県熊本市北区楠6丁目6−68

営業時間

11:30~22:30(居酒屋は18:00~)

定休日

月曜日

電話番号 0963398894

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

大津町にオープンした「肉酒場おんのや」で脂の旨味を感じる焼肉とこだわりの美酒を大満喫!

2023.07.09

くまモンの秘密基地!?3月19日「KUMAMON BASE」が肥後大津駅ビジターセンターにオープン

2023.03.18

スコップ1本でどれだけ深い穴が掘れるのか!川尻の「穴掘り大会」に出場してきた

2023.03.07

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

PUBLIC RELATIONS

「水道町集合!!」って言われたらどこで待つ?…ていうかなんで水道町って町名なの??

PR

2024.02.19

【プレゼントあり!】大津町が突然「バイクの町」と言い出したから事実なのか調べてみた

2024.01.22

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal