*
とじる
*
とじる
*
とじる

たった1,080円?「串揚げ 楯己」のおもてなしが高級旅館レベル!!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

光琳寺通りに古くからある「串揚げ楯己」。長年通うファンや、親子二代・三代で訪れるお客さんもいるという噂のお店に、ランチに行ってみました。


お座敷串揚げとは一体…

お店の入口の看板には、「お座敷串揚げ」の文字。

お店に入ると、看板通り、ちょっと懐かしい雰囲気のお座敷が出現。

テーブルには、茶釜に入った油と、串揚げのタレが用意され、看板通り、お座敷で揚げたての串揚げが食べられるお店のようです。

ショーのはじまり

1,080円のランチの串揚げセットには、ご飯、みそ汁、漬物、サラダ、小鉢、緑茶がついてきます。

タレは、天つゆ、からしレモン、みそだれ、カレーベースのトマトソース、ごま塩、とバリエーション豊か。

こちらが本日の串揚げ7種。

「これは白身魚を大根のかつら剥きで巻いたやつでね…」と、お店のおじちゃんが、丁寧に説明してくれます。ほかにも、海老の青じそ巻きやささみや椎茸などがありました。野菜、海鮮、お肉とバランスがよく、かつ手の込んだ7種です。

そしておじちゃんがなんと、1本1本丁寧に衣をつけて、目の前で揚げてくれるのです!

これはもう、目の前でシェフがステーキを焼いてくれたり、目の前で板前さんがお寿司を握ってくれたりする、あれです!高いお金を払えばやってくれる、贅沢なやつです!

揚がった串揚げに浮き身(きゅうりのすりおろし)まで乗せてくれたり…。1,080円のランチで、ここまでやってくれるんですか?と恐縮してしまうぐらいの丁寧なおもてなし!

揚げたての串揚げに満足!

おすすめのタレの上に、揚げられた串をのせてくれて、至れり尽くせり!

プロが揚げてくれるので、ちょうどよい頃合いの串揚げが食べられます。サクサクで揚げたての串揚げは、文句なしで絶品!れんこんの穴に、からしではなくわさびが詰められたわさびれんこんと、海老、そして小玉ねぎが甘くておいしかったです。

ネタは日替わりということなので、何度訪れても楽しめそうです。女性と子どもにはアイスの串揚げのサービスもあり、とろけるアイスの串揚げが、これまたたまらない逸品でした。

まとめ

もう40年ほど営業を続けているという「串揚げ 楯己」。真心のこもったおもてなしが魅力で、長年続いているのも納得です。気さくなおじちゃんとのおしゃべりも楽しめて、あったかい気持ちになれたお店でした。

■串揚げ 楯己■

営業時間:11:30~23:00
定休日:12/31 1/1
TEL 096-325-4989
住所:熊本市中央区下通1丁目11-8
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

新屋敷にオープンしたばかり!パンチのきいたボリューム満点のラーメン「ねじれ麺 豪傑」

2019.09.11

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

肥後ジャーナルのLINE公式アカウントができました!!

2019.09.01

【全店掲載!】桜町にオープンする「SAKURA MACHI Kumamoto」 商業施設全149テナントを紹介!!

2019.07.30

「下通りへの近道です」と書かれた玉屋通りが本当に近道なのか検証してみた

2019.07.16

PUBLIC RELATIONS

夏の思い出まだ間に合う!8月25日にツアーに参加してひまわり畑を楽しんで天草の海も探検しよう!

2019.08.21

画面バキバキのiPhoneをスマップル熊本店に持っていったらカナヅチで叩いても大丈夫なくらい強化された

PR

2019.08.18

荷台に乗せられ干潟を進む謎体験 8月10日にオープンする「荒尾干潟水鳥・湿地センター」で遊んできた

2019.08.03

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal