*
とじる
*
とじる
*
とじる

醤油ベースの無添加スープが優しい味わい 「醤(ひしお)」の醤油ちゃんぽん

ライター:山田 山田

ちゃんぽんといえばリ○ンガーハットのような豚骨スープのイメージが強いですが、全国的に見るといろんなスープがあります。今回紹介するのは醤油ちゃんぽん専門店「醤(ひしお)」。天然素材をたっぷり使って出汁をとった醤油ちゃんぽんは優しい味わいですよ!


坪井にある醤油ちゃんぽん専門店

醤油ちゃんぽん「醤」は坪井にあります。以前は夜は居酒屋もやっていたそうですが、現在はランチから夜までちゃんぽん一本で営業されています。

ひとえに、醤油ちゃんぽんと言っても種類豊富。トッピングやスープの違いに加え、鉄板に乗った焼きちゃんぽんなど9種類の定番メニュー。

それ以外にも期間限定で「冷やしちゃんぽん」「黒マー油ちゃんぽん」などもありました。

今回は初めて訪れたので、オーソドックスな「醤油ちゃんぽん(税別830円)」を注文。一体どんな味わいなんでしょうか。

出汁の旨味が引き立つ「醤油ちゃんぽん」

やってまいりました、醤油ちゃんぽん。
スープは豚骨より濃い茶色です。野菜もたっぷり乗っています。

このスープが、素朴ながらしっかりとていて、どことなく優しい味わいです。色は濃いのにあっさりしています。

店主のこだわりで、化学調味料は一切不使用。
鶏を煮出したスープにトビウオ、いりこ、削り節、椎茸などで出汁をとっているそうです。厳選した丸大豆醤油に熊本の赤酒を使い、しっかり旨味を出しています。

野菜もたっぷり乗っていて、約300g使っているそうです。

豚肉やかまぼこ、えびなどの定番の具材の他に、あげなんかも入っています。醤油のスープとの相性もばっちり。

柚子胡椒も自家製で店主らが作ったもの。風味がしっかりしていて、これだけ勝手帰りたいくらい。もちろんちゃんぽんと合って食欲が掻き立てられます。

ラーメンを参考にした「黒マー油ちゃんぽん」

店主に「食べてみて」とオススメされたのが、こちらの「黒マー油ちゃんぽん」。ベースは同じ醤油ちゃんぽんですが、焦がしにんにくと黒マー油が入っていてまるで熊本ラーメンのよう。

それもそのはず、店主がお気に入りのラーメンを食べたいと思ったときにちゃんぽんでできないかと思いつき、試した見たのがこの「黒マー油ちゃんぽん」なんです。

醤油ちゃんぽんと比べるとパンチが効いていて、たしかにラーメンっぽい。
野菜も野菜炒めみたいな風味になっていました。

麺は大盛り小盛りに…麺なし?

メニューを見ていると、麺は大盛り、小盛りと量が変更できるほか、麺なしなんてこともできるそう。醤油のスープに野菜がどっかり乗って出てきます。
最近、炭水化物を抜いている人が増えているからか、注文も増えているそうです。

ちなみに、お米も自分たちで無農薬栽培したものを使っているというこだわり。

最初はちょっとお値段するな~と思っていましたが、素材にこだっているとなると納得。

あっさりしていて、飽きのこない醤油ちゃんぽんをぜひ!

醤油ちゃんぽん醤

住所

〒860-0863 熊本県熊本市中央区坪井2丁目1−5 Nビル 1F

営業時間

11:30~20:00

定休日

日曜日

電話番号 0963465235

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は睡眠で、朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

アベックラーメンの人気の秘密と気になるあれこれを聞きに行ってきた

2020.12.02

どこまで知ってる?熊本市中心市街地の通りの名前と由来!下通界隈その1

2020.11.30

下通りにあった「麺屋宗運」が御領に11月28日移転オープン!さっそく濃厚な豚骨ラーメンを食べてきた

2020.11.29

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

PUBLIC RELATIONS

うちの迷える3匹の猫たちにキャットウォーク作って、思いっきり遊ばせてあげたい

2020.11.28

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal