*
とじる
*
とじる
*
とじる

深夜営業のみ!シメにも夜食にも!「おるげんと」が22時から提供する駕町通り「ウドンダス」はダシが決め手

ライター:山田 山田
キーワード:

皆さん飲んだ後のシメって何食べます?熊本ではラーメン派が多いと思いますが、今回紹介するのはシメうどん!駕町通りの居酒屋「おるげんと」が22時以降「ウドンダス」といううどん屋さんに変身!つるつるの細麺に、選べるダシ、オリジナルの薬味で味変もできる。もちろん一緒にお酒を飲んでもOK!ということで全力でうどんを楽しんできました。


駕町通り「ウドンダス」

こんにちは、肥後ジャーナルの山田としゅんです。今日は居酒屋「おるげんと」の駕町通り店に来ています。実はこのお店、22時からうどん屋に変身するんです。

今日は無理を言って昼間の営業時間外に特別に「ウドンダス」になってもらいました。

飲んだシメにうどん!というのを全力で推進しているそうで、こんなポスターも。せっかくなので真似してみました。

頑張って同じ構図にしました。完全に一致してると思うのですが、なんでしょうね、この違和感。

うん、さっさとお店に入ってうどんを食べましょう。

「ウドンダス」は麺の量とダシ

「ウドンダス」のうどんは、ダシにつけて食べるタイプがメイン。

小盛(0.5玉)、並盛(1玉)、大盛(2玉)から麺のサイズを選び、

100円~180円のダシを、そしてトッピングをチョイスします!

今回はダシを3つ注文。左から基本ダシ、肝醤油ダシ、きのこダシです。変わり種は味の想像できませんが、めちゃくちゃいい香りします。

うどんはこんな感じでお湯に入った状態で出てきます。これにダシをつけて食べるのですが…

美しい女性が食べるとこんな感じで映えるそうなので、改めて真似してみました。

やっぱり駄目ですね。

大盛りだと桶に入って出てきます。熱々の溶岩も入っているので湯気がモクモク!!

麺は細麺で、小麦粉に加え米粉なども配合しているためすごっくもっちもっち。

これをダシにつけて食べると最高です!!

さっぱりした基本だしはもちろん美味しくて、肝醤油ダシは濃厚で食べごたえ抜群。きのこダシも風味がばっちり効いていて最高でした。

味変したいときは、薬味もあります。辛いものが苦手な人でも美味しく風味を楽しめる「レモン胡椒」やちょい辛の「レモンラー油」で味変を楽しみましょう!

辛いのが好きな人は店員さんにお願いすると「超激辛レモンラー油」や「ロンギヌスの一撃」というアホみたいに辛い薬味も提供してもらえます。

レモン胡椒はドバっと入れても良いそうですが、辛いのが苦手な人は試しながらどうぞ!辛味は少ないので、この量を入れても風味がぐーーーんと良くなりますよ!

二人してガチでうどんを食べ続けました。とにかく麺もつるつるで美味しいし、ダシがどれも美味しいので無限に食べれそうでした。

ダシに付けるタイプ以外にも、「モツ鍋うどん(税込780円)」なるものもありました。これもダシとモツとごぼうの風味が最高でめっちゃうまかったです。

うどんだけじゃない!居酒屋が手掛けるからこその「ウドンダス」の魅力

先程のレモン胡椒も使ってある「熟成魚の押し寿司」。

お醤油もついてきますが、そのまま食べても美味。口の中にふわぁっと風味が広がります。

シメのつもりできても、がっつり食べちゃうしお酒も欲しくなる味です。

豚バラ肉で巻かれたネギの束を鉄板で焼いて食べる「ネギトルネード」

こんな感じで、鉄板で焼いてカットして

こんな感じでチーズでフォンデュして食べると最高です。他にもタレが3種類あるので、お好みの味でどうぞ!

「熊本の〆文化をウドンで守る」

こちら、「ウドンダス」を営業している「おるげんと駕町通り店」店長の砂月さん。

「熊本の〆文化をウドンで守る」が「ウドンダス」のコンセプト。なので、営業は22時から翌3時(ラストオーダー翌2時)まで。飲んだ後にうどんが欲しくなる時間帯ですね。夜食にも嬉しい時間帯。おるげんとが開店して15年、街の人たちに支えられた恩返しという思いも込められているそうです!

また、店内は個室完備プラズマオゾン空気滅菌中です!新型コロナウイルス対策も徹底されているので、安心してお食事が楽しめますよ!

今回「ウドンダス」はダシがどれも最高に美味しく、全部食べてみてもらいたいお店でした!駕町通り店だけではなく、下通り本店でも提供しているそうなので、飲んだ後に近い店舗に立ち寄ってみてくださいね!また駕町通り店は配達サービス「Wolt」にも対応しているので、自宅までうどんを配達してもうこともできますよ!

公式LINEでも情報を発信されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ウドンダス(おるげんと駕町通り店)の公式LINEアカウントはコチラ

ウドンダス

住所

〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目6−13 森坂ビル 1F

営業時間

22:00~翌4:00
(おるげんと駕町通り店は18:00~翌4:00)

※現在新型コロナウルスの影響により、翌3:00(ラストオーダー翌2:00)までの営業時間短縮中。

LINEアカウント

LINE

電話番号 0963518208

ライター紹介

山田

山田

肥後ジャーナル編集部の大きい人。前職は地域経済誌記者やマーケティングのディレクター。将来の夢はヒモになること。 特技は誤字脱字。朝起きるのが苦手です。

このライターが書いた他の記事

人吉の「ちいさなちいさなパン屋さん」のメロンパン「スーパーメロン」がデカくて美味しかった

2021.11.19

唐突な海辺感!隠れ家っぽい菊陽町の「MATSU COFFEE」のビーチみたいなガーデンで珈琲パフェを満喫!

2021.11.16

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

火の国熊本の若人より熱い想いよ届け!故郷を愛する30歳の集い三益式(みますしき)が12/4に開催!!

2021.11.24

PUBLIC RELATIONS

「アダルトショップに行ったことがない人間は信用できない」ヨッピーが語る人生の哲学

2021.11.30

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal