*
とじる
*
とじる
*
とじる

1号橋を仰ぐ海目前の青空カフェ「Rest&Cafe 海の隠れ家」でのんびり時間を満喫!

ライター:ちえ ちえ
キーワード:

コロナ禍もあり、「お出かけするなら、自然のあるところがいいなー」と思われている方も多いはず。

秋の行楽シーズン、青空の下、海を眺めながら外で食事を楽しめる!とびきり贅沢で、のどかで素敵なカフェがありました!


目の前はもう海!海!海!

ロケーション抜群の絶景カフェ「海の隠れ家」は、宇城市三角町・1号橋の下にあります。

店内席もありますが、ほとんどの席はデッキのテラス席。

そこから見えるのは、青い海と青空と1号橋。

テラス席の、こんなに近くに海!

取材日は若干曇っていましたが、晴れた日の青空と海の青さは、たまらない爽快感と開放感です!

釣りが大好きという鹿児島出身のオーナーが「海沿いでカフェをしたい」と2年ほど前にオープンされたカフェで、なんとデッキも手作り!オーナーの海への愛を感じます。

リーズナブルなのにボリューム満点の海鮮丼

ランチはローストビーフ丼や海鮮丼が人気とのことで、うに・いくら・ネギトロの三色丼をいただいてみました。

こちらの海鮮丼、この豪華さで税込1,500円という信じられないお値段!

うにもいくらもネギトロも、ご飯の方が足りないぐらいてんこ盛りで、かなりのボリューム感でした。

丼物以外も、エビフライや生姜焼き、カレーにパスタやピザなど、メニューが豊富で、生ものや魚介類がダメな方や、お子様でも楽しめるラインナップとなっています。

地元でとれた魚を思いっきり食べたいという方には、刺身やおまかせの魚料理がついた魚づくし定食(前日までの要予約・1,300円)もあります。もともと、オーナーが釣ってきた魚を提供していたそうですが、不漁の際は、三角で獲れた魚を仕入れて作られているとのことです。

アルコールも楽しめるので、海を眺めながら昼間からビールを楽しむのも最高ですね!!

まったりと時の流れを楽しめる場所

こちらのカフェは駐車場も広く、お庭には大きなアコウの木にかけられたブランコもあります。

どんぐりの木もあって、子どもと一緒に遊ぶのにもぴったりの環境です。

オーナー自らが作ったという小さなステージや大型デッキもあり、ライブやヨガなどのイベント利用もOK!

取材日も素敵なライブが開催されており、広い空の下、青い海をバックに生の音楽を聴くという、のんびり時間を満喫!とても平和で穏やかな時の流れを楽しむことができました。

ライブ時には客席として使われる大型デッキでは、バーベキューなども可能で、手ぶらで楽しめる絶景バーベキュープランも用意されています。

スイーツなどのカフェメニューやキッズメニューも充実しているので、ランチ以外でもカフェやバーベキューなど、いろんな楽しみ方ができる、まさに海の隠れ家的なお店でした!

海の隠れ家

営業時間

11:00~17:00(L.O.16:00)

定休日

火曜日

年末年始及び臨時休業あり

ホームページ

https://uminokakurega.com/

電話番号 0964-42-9239

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

こだわりぬいた薬膳フレンチに感動がとまらない!「キュイジーヌ テロワール 寿-ヒサ-」が大津にオープン!

2020.10.28

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

今どきソフトクリーム100円!御船町「お弁当うぃずっと」のワンコイン弁当を買いに行ったら配達を手伝うことになった

2020.11.01

三十路子連れ女が車について考えてみた #6 洗車して、銭湯で背中を流し合ったような気分になった話。

2020.10.31

PUBLIC RELATIONS

今どきソフトクリーム100円!御船町「お弁当うぃずっと」のワンコイン弁当を買いに行ったら配達を手伝うことになった

2020.11.01

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal