*
とじる
*
とじる
*
とじる

きみが大人になった頃、きっとまた会える ~上益城郡山都町島木 うそご滝と山都町立中島南部小学校跡~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

上益城郡山都町島木にあります、うそご滝という所に行ってきたので、レポートです。山都町には滝がたくさんあって、滝ツアーが出来るんじゃないかと思うほどです。


うそ~んてなる道

看板が倒れ掛かっとるんで心配になるうそご滝は、上益城郡山都町島木にあります。ナビで行かれると分かりやすいかと思います。

ただ!

滝が見れるかどうかはわかりませんので、ご了承ください。

順路って書いてあるんで安心して歩きます。駐車場はありませんので、邪魔にならない所に車を置きます。

途中までは車が入れる道ではありますが、バックしないといけないので、徒歩がいいです、絶対に。

ちょっと険しくなってきたなぁ。

とことこ。

と、とことこ…..

とこと…

と!!こ!!

いやもう、ほぼ四つん這いでしかすすめんーーー!!!

あぶねえ~

でもなんか見えるし音もする!!

ここで引き返したら勿体ないと思い、もう少し頑張って前に進んでみました。

あ!階段があって下に降りれそう!

いや腐っとる!

ここまで3人で頑張ってきましたが、隊長が、自分の体重と色々考えて「これは壊れる、危険」と判断し、泣く泣く引き返す事にしました。

これが、うそご滝

道に上がってから、滝の見える所まで行って

これです。だいぶ遠いですが、滝つぼの大きな、すごい風景。近くで見れるものと思っていたので、一眼レフなど持って行っておりませんでした。しかも逆光。カメラをお持ちの方は是非綺麗に撮影して欲しいものです。

動画も分かりにくいですが、音と迫力だけ。生で見ると鳥の声と滝の音、でなんだか心が静まります。悩んでいた事も滝と共に流れていけーと思います。道が整備されて近くで見れるといいですね。今はこの状態なので、近くまで行こうとするのはかなりお薦め出来ません。残念でした。

帰り道の廃校に想いを寄せる

帰りは、御船川沿いをドライブしながら戻ります。うそご滝のすぐ近くに廃校になった場所があります。

家も少なく、美しい川が広がっております。

島木のおみせというこの場所がレトロで素敵。桜の木もあって、春はとっても映えそう。

ここは山都町立中島南部小学校跡です。

Googleマップを見ると、臨時休業となっているのがせつない。再開することはあるのかな。ないよね。まだそんなにぼろぼろというわけでもなく、統合により山都町立中島小学校へ。2005年廃校です。

ここに子供たちの声が響いていたのかなと思うと切なく感じます。

わ~卒業製作だ。そっか、卒業生たったの4人なのか!いつのものかは分かりませんでしたが、たった4人の卒業生を想います。手が大きいな、先生じゃないよね。

学校前のこのバス停も映画に出てきそうで、とても素敵でした。

そして校庭跡には、レトロな三輪車がぽつんと。持ち主の帰りを待っていました。

大人になってしまったのかな。

まとめ

うそご滝の旅は、直してほしい所と、そのままであって欲しい所が混ざり合った心揺さぶる旅でした。滝は道からも見えますので、山都町にお越しの際は是非自慢のカメラで撮ってみてください。もちろん少し遠くからですが、肉眼でも楽しめますよ。

うそご滝

住所

上益城郡山都町島木

駐車場

なし

うそご滝

山都町立中島南部小学校跡

駐車場

車が置けるスペースあり

ライター紹介

ひらの

ひらの

本が好き、映画が好き、作る事が好き、でライターに辿り着きました。 熊本県以外に住んだことがない、肥後純血種。

このライターが書いた他の記事

【熊本市西区】美しい湧き水の流れに、昔の人々の生活を見る~延命水~

2024.05.20

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

【熊本市中央区】歩行者専用信号の赤信号が残り半分だった場合、待つか地下に行くかどっちが早いか検証【鶴屋前】

2024.05.06

PUBLIC RELATIONS

【熊本市中央区】銀だこハイボール酒場熊本三年坂店が5月21日にオープン!たこ焼とハイボールで熊本の夏を乗り切るばい!!

2024.05.18

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal