*
とじる
*
とじる
*
とじる

南阿蘇の絶景もごちそう!七輪で炭火焼肉が楽しめる「週末キッチン やっぱり肉が好き。」

ライター:ちえ ちえ

今年、南阿蘇に新しくできた南阿蘇ホリデーパーク内に、先月オープンした、「週末キッチン やっぱり肉が好き。」。店名を聞いただけで、うんうんうんうん!と4回ぐらい頷いてしまうほど、魅力を感じていたお店に行ってきました!


ワイルドなバーベキュースタイルの焼肉店

こちらのお店は、俵山トンネルを抜けた先にある南阿蘇ホリデーパーク内に、今年10月にオープンしたばかり。

大きなコンテナハウスの中に設けられているテーブルは、なんとドラム缶!

ここに七輪が置かれ、なんと贅沢に炭火でお肉が焼けるという、バーベキュースタイルの焼肉店です。

テラス席もあり、ペットリード用の杭もあるので、ワンちゃんと食事を楽しむこともできます。そして、このテラスから見えるのが…

阿蘇の絶景!!

中岳から立ちのぼる噴煙も見え、阿蘇の大地の息吹を感じます。こんな絶景を眺めながら、おいしいお肉が食べられるなんて、なんという贅沢!

野菜もご飯もたーんと食べられる!

気になるメニューがこちら!

牛肉はなく、肥後のうまか赤鶏定食と肥後あそびとん定食の2種がメインになります。

定食はサラダビュッフェ付きで、ご飯やわかめスープも食べ放題。さらにドリンクバーもついてきます。

サラダは生野菜に、かぼちゃやごぼうのサラダがあり、キムチやごぶ漬け、焼き野菜も食べ放題なので、野菜もしっかり食べられます。

やっぱりお肉がとにかくおいしい!

店長が七輪に炭を入れてくださり、テーブルにセット完了!

まずは、サラダを食べながらお肉を待ち、やってきました!メインのお肉!

画像の上が赤鶏、下があそびとんです。あそびとんには、店長が自ら作られたという、手作りの生ソーセージもついてきます。それぞれ一人前ですが、なかなかのボリューム!

最初は焼肉感覚で、お肉だけ丁寧に焼いてましたが、なんだか楽しくなってきて、野菜もたくさんのせて炭火でジュージュー!

特製の醤油だれに漬けられた赤鶏は、驚くほどのやわらかさ!ほろりとした食感で、タレとの相性もバッチリです。

元気に遊びまわって育ったというあそびとんも、うまみたっぷりで、脂身すらおいしくて、ご飯が進みます!

お肉の厚さは、5ミリだと薄すぎで、1センチだと火が通りにくいということで、7ミリの絶妙な厚さでカットされているそうです。

阿蘇の雄大な自然に包まれ、開放感溢れるお店で、おいしい炭火焼肉が味わえるなんて、もう、最高!!以外の言葉が見つかりません!

見どころ満載の南阿蘇ホリデーパーク

ほかにも、見どころいっぱいの南阿蘇ホリデーパーク。

「やっぱり肉が好き。」の隣のステージでは、アース戦士ジオンガのヒーローショーが、1日4~5ステージ開催されています。

そのほか、お土産品などが並ぶれいわマルシェに、こだわりのコーヒーショップなど、お店もたくさん!

キッズフォレストや、結縁の岩などのパワースポットもあり、いろんな楽しみ方ができるので、お出かけスポットとしてもおすすめですよ。

やっぱり肉が好き。

営業時間

11:00~15:00(最終入店14:30)

17:00~21:00(最終入店20:30)

店休日

月・火・水・木
※週末の金・土・日・祝のみの営業になります

電話番号 0967-65-8466(代)

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

ちえ

ちえ

熊本の人、温泉、自然、グルメ(&お酒)をこよなく愛する30代。好奇心旺盛な行動派で、自称「アクティブガール」ですが、もうガールと呼べる年齢でもないという悲しさ・・・軽いフットワークと、あふれるバイタリティーで、人生謳歌中です。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

PUBLIC RELATIONS

ここまでやってくれるの!?故郷(実家)が恋しくなる有人のコインランドリーでひと肌脱いだ

2019.12.08

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal