*
とじる
*
とじる
*
とじる

「生でも食べられる未来コーン有ります」の看板につられて立ち寄ると激甘の生トウモロコシがあった

熊本市から俵山トンネル越えた道中、二度見してしまう看板を発見。

生でも食べられる未来コーン有ります」

生でも食べられること、そして、未来コーン…!? 意味深なワードが並んでいます。一体これはなんなのか直撃してみました!


ものすごく甘い!? これが未来コーン!

露店のような雰囲気のお店には、大量のコーンが並んでいます。あまりの量に圧倒されてじーっと見ていると

店主

「見とらんでまずは食べてみなっせ!」

と渡されたのは、

生のトウモロコシの試食! いきなり輪切りを渡されビックリですが、

粒が大きく、ツヤッツヤ! これはもう食べなきゃ後悔しそう…と食べてみると、食感がプチッとしっかりしていて、スナック菓子のようなサクサク感!

そして、何と言ってもものすごく甘い!!!! なんと糖度は16度、良いときは18度! 

これからのあっつい夏にピッタリなスイカが13度、メロンが16度なので、野菜ではなくもう果物ですよ。とにかく甘い。本当に甘いです。お子さんのおやつにおすすめです。

香ばしい醤油の匂いがたまらない焼きとうもろこしもあります

おじちゃんが1本1本丁寧に醤油を塗って、七輪で焼いてくれる「焼きトウモロコシ」も1本から販売されています。良い焼き目が、もうたまりません! 香ばしい匂いがフワ〜と広がっているので、その香りに勝てるはずもなく、その場で食べて帰る方も多いそうです。

未来コーンの正体は、朝採れの新鮮なトウモロコシの品種! 朝採れだけん激甘らしいです。

5月〜9月末までの旬な季節しか売られていません!

この場所ではもう14年以上開いているそうですが、毎朝新鮮なトウモロコシを採って毎日販売されています。

約10分の間に5組ほどのお客さんが次々にいらっしゃって、トウモロコシをまとめ買いされて行きました。お土産に買って行かれる方もいるそうです。

後日、再び訪れてみると

店主

「あーあんたこないだも来たど??」

と仰られたのにはこれまたビックリしましたが、気さくなおじちゃんでした。

未来コーンは、5月〜9月末までの旬な季節しか売られていません。そして、お店の名前も電話も無いので、お近くに行かれた際は看板をお見逃しなく!

生でも食べられる未来コーン

営業時間

7:00~17:00

営業期間

5月〜9月末頃まで

住所

〒869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰

ライター紹介

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルライター

肥後ジャーナルらしいコンテンツをどんどん発信していきます!!!

このライターが書いた他の記事

県立大学のそばにある「puu cafe and lunch(プー カフェ アンド ランチ)」でインテリアショップのようなオシャレなお店内でランチしてきた!

2023.01.26

益城町にオープンした「油そば専門店 men × abura」でガッツリ食べてきた!

2023.01.09

多良木町の行列のできるラーメン屋「麺屋 日之出」の1月限定メニュー濃厚味噌魚介つけ麺を食べてきた!

2023.01.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

PUBLIC RELATIONS

医療従事者=激務なんじゃないの?鶴田病院はブライト企業と聞いたのではじめての検査入院体験

2023.01.28

ちっちゃいガラカブ釣りながら「信頼」って形になるんだなと実感したから聞いてほしい

2023.01.21

県外出身者から見た熊本って?熊本市移住者座談会「ここが変だよ熊本市民」開催してみた!

2023.01.20

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal