*
とじる
*
とじる
*
とじる

暖かくなってきましたねー、もう三寒四温の時期も過ぎたのかなー、皆様いかがお過ごしでしょうか?

春の足音が聞こえてきましたので、2022年2月に公開された記事の中でアクセス数を多く集めたベスト5を発表いたします。

先月1回も肥後ジャーナル読んでなかった。という人でも大丈夫!

この記事さえ読んでおけば、先月のトレンドを押さえられます。


第1位

ムトーが書いた”熊本唯一の現存する遊郭「三浦屋」”の記事が1位。

内観に激動の歴史と時の風俗をビンビン感じる、考えさせてくれる記事になるはずでしたが

案内してくれるおじいちゃんがコミカルで愛くるしい。

背景の牛深の風景に心安らぐ、教科書に載せてもおかしくない温故知新記事です。

昔の人は強かった。

記事はこちら

第2位

川上が書いた”餃子の雪松”の記事が2位。

最近乱立している、餃子屋さん(自販機含む)。コロナが生んだ新たなブームではないでしょうか?

「餃子の雪松」は熊本県内に全7店舗。群馬県生まれの餃子、キャベツたっぷりでヘルシー美味しーつくりやしーの3拍子揃った餃子でした。

記事はこちら

第3位

”田舎屋”の記事が3位。

メニューの多さとランチのボリュームは熊本随一ではないでしょうか?

中には変わったメニューもあって、常に変化を求める昔からあるお店。

もう尊敬するしかない。

記事はこちら

第4位

御幸笛田にできた”矢部のケンチキ”の記事が4位。

昨年最も見られた記事として、勝手に表彰した矢部のケンチキさん。表彰状が店内に飾ってありました。

何度も言いますが、健康になるチキン→ケンチキですからね。

記事はこちら

第5位

5位は、日本人のソウルフードおにぎり。

そもそも居酒屋の”一膳”。

「おむすびあります」の看板が可愛い。

おにぎりもさることながら、弁当やお惣菜の「母感」が愛おしくなる。

記事はこちら

まとめ

2022年2月に多くのアクセスを集めた記事を5つ紹介いたしました。

今後も「楽しい・面白い・くだらない・バカバカしい・珍しい・新しい」をモットーに日々更新していきます!

ちなみに去年の3月で最も見られた記事は

デカ盛り1キロ弁当と300円のお手軽弁当どっちにする?3月15日武蔵塚駅前にオープンの弁当屋「キッチンリッシュ」

でした。

肥後ジャーナルってホントに弁当とおにぎりとデカ盛りが好きだよね。

ライター紹介

伊藤

伊藤

演劇の先生やったり、アニソンやメタルのDJやったり、バンドやったり、サブカル好き思春期47歳独身。健康診断で中性脂肪が赤信号だったので、たまにジョギングすることにした。やっぱり犬が好き。

このライターが書いた他の記事

いまさらかよ!と言われそうですが…しょっちゅうメニューが変わる街中500円定食「ひふみ家」行ってきました

2022.05.21

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

エアコン掃除が2,200円!?4月29日30日に八代であるKクリーンの決算大セールがすごい

PR

2022.04.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal