*
とじる
*
とじる
*
とじる

飲んだ〆に行きたい店~一寸法師~

ライター:りよう りよう

突然ですが、皆さんはお酒を飲む時のシメとして何を召し上がられますか?
ラーメン?おでん?、それともお茶漬?変化球としてはスイーツなんて方もいらっしゃるかもしれません。

今日僕が提案したいのは「にゅうめん」です。

飲んだ後に食べたくなるものとして、一番ポピュラーなのはラーメンなんじゃないでしょうか。
なぜお酒を飲んだ後に、ラーメンを欲したがるのかというと、

肝臓でアルコールを分解してくれるADHとALDHの働きを助けるものにイノシン酸というものがあり、イノシン酸は肉類に含まれる旨味成分で、トンコツや鶏ガラでダシを取るラーメンにはイノシン酸が豊富に含まれているそうです。

やっぱり〆には出汁なんですよ。
体が欲しているものは美味しいんですよ。

しかしラーメンはカロリーが・・・と気にされてる方にも「にゅーめん」であればあっさりしていて食べやすいと思います。

まあ、前置きが長くなりましたが、僕が飲んだ帰りによく利用させていただくのがこちらのお店
184a47b5.jpg

その名も

一寸法師

そんな、おとぎ話感漂うお店は、グラブ通りの松島ビルの2階にあります。
25aec9d6.jpg

こちらが店内
1ecf29b5.jpg

一寸(3cm)とはいかないですが、こじんまりした店で、気さくな大将と雰囲気の良い作りで、くつろいで食べることができます。

fcf1212d.jpg
a6fd98ba.jpg
(メニュー表も味があって良い感じw)

そしてこのメニューの数。
まるで一寸法師の打出の小槌のように、沢山の料理が大将の手から作り出されます。

さっそく「にゅーめん」といきたいとこですが、大将おすすめのだし巻きと揚げ出し豆腐をいただくことに。

5a0668a2.jpg
2a02e733.jpg

和食屋さんで修業されていただけあって、こちらの料理も絶品!!!

そしてとうとう、お待ちかねのにゅーめん
です。
e1eeb1f7.jpg

画面ではなかなか伝わらないと思いますし、言葉で伝えてえるのもなかなか難しいです。
(単にカメラ技術が皆無なのと、語彙力が無さすぎるだけなのですがw)

それがゆえに、一度召し上がって欲しいのです。
実際に口にしてこのしっかりとした出汁を味わって欲しいのです。

もしこの【一寸法師】さんの「にゅーめん」を食べたならば、僕が冒頭で書いていた、

飲んだシメにはにゅうめん

という言葉にも納得することでしょうし、今後はシメの選択肢の一番手になること間違いなしです!!!

是非行かれてみて下さい
(ベタなこと言うけど、本当は教えたくなかった笑)

※今回予定しておりました、塩パンブームに迫る第6回はマシントラブル(大袈裟)の為延期させて頂きます。
近いうちにアップさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3"

ライター紹介

りよう

りよう

20代前半 観光文化検定3級 元々は営業マンとして熊本各地を周っていました。 少しだけ変わり者ですがヤル気スイッチは常にON。 長嶺小・長嶺中・熊本工業出身 県外を彷徨ったが熊本に帰ってきて熊本永住を誓う。 持ち前のコミュニケーションとフットワークの軽さ そして自由な発想で熊本を盛り上げています‼︎

このライターが書いた他の記事

熊本で見かけた「令和」を集めてみた

2019.05.08

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

PUBLIC RELATIONS

ストレス解消&ダイエットのためにキックボクシングに挑戦!肥後ジャーナルのかなこが1日で別人になってしまった!?

2020.01.19

「つなぎ美術館」が有名な津奈木町…ってどこ?アート推しの町長とアート対決をした結果、津奈木町から帰れなくなった!

2019.12.25

ダムと発電所と私 菊池川水源の発電所や竜門ダムに特別に入れてもらった

2019.12.24

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal