*
とじる
*
とじる
*
とじる

なんさんどんぶりで珈琲ば出す店!と聞いて行ったら、ご主人の優しさが溢れていたカフェでした~阿蘇市内牧「Cafe 木の向くまま」~

ライター:ひらの ひらの
キーワード:

今回阿蘇市内牧にある「木の向くまま」というカフェでカレーを食べに行ってきましたのでその様子をお知らせします。


木の向くまま

気の向くままに、平日こちらラーメン彩華でラーメンをずるずると食べていました。

自虐風九州男児の作るワンコインとんこつラーメン。月に一回は半額!! | 肥後ジャーナル – 熊本の今をお届けするメディアサイト (higojournal.com)

ねえ、値上げせんと?

なーん、めんどくしゃー。よかこのままで。

そういえば、ネタに困っとるなら、俺の同級生がしとる店取材に行かん?

と言われました。(ネタに困ってるなんて一言も言ってない。)

なんさんどんぶりで珈琲ば出すて。俺行った事ないけど。

行ったことないのに薦めてくるメンタル彩華。という訳でしゅしゅしゅっと阿蘇市内牧へ行ってまいりました!

小さなお店ですので、お見逃しのないように。

「こんにちは。」

カレーへのこだわり

小さなお店です。8人ほどが入るお店なので、

予約をして行かれた方がいいと思います。

カレーを三種類、注文しました。

オリジナルスパイスカレー、オリジナルスパイスカレーベジキノコ、オリジナルスパイスカレーダブルカレーです。ご夫婦で営業されております。阿蘇の山々に囲まれて、とても静かなとこでキッチンから心地よい調理音が聞こえてきます。

こちら熊本県産牛すじが入っております。私が子供の頃に家で食べていたカレーの牛肉って噛めないものが多かったのですが(入れんがよか、、と思っておりました)、これはもうトロトロにとろける。うっまーいと声を出してしまいました。

こちらはオリジナルスパイスカレーベジキノコ。お野菜を丁寧に焼いてあります。パクチーとか、ゴリゴリになじみのない味のカレーが苦手な方にはお勧めです。私はどちらも大好物ですが。ご主人は平日は塾の先生をされているそうです。

いつか二人でカフェをしたいね、と言っていてオープンされたのが「木の向くまま」。ご主人は特に珈琲が好きで、こだわりを持ってされているそうです。オープンしてもうすぐ二年だそう。

↓脳内、これを思い出しました。

なんさんどんぶりで珈琲ば出すて。)

そして

オリジナルスパイスダブルルー。

牛すじとベジが両方味わえました。辛さというものはほとんど感じず、脂っこくもなく、もりもり食べれます。そしてご飯の量が多いし、なんか美味しい!

尋ねてみると、お鍋で丁寧にバターライスにしてあるそう。しかもバターはこだわりのグラスフェッドバターを使用されているそう。グラスフェッドバターとは、牧草だけを食べて育った乳牛の乳で作られたバターの事です。なんとなく甘さのようなものがあり、それがカレーと混ざって、じんわり美味しいのです。

スープもついております。しいたけ、玉ねぎを重ね煮して丁寧に作ったスープ。重ね煮というのを私は初めて知りました。

こだわりのデザート

プリンも美味しいと聞いて、注文しました。

うわぁ。

凄くタイプ。さらさらのカラメルがたっぷり。奥様が「私がカラメルが大好きなので、たっぷりにしてあります」との事。記事を書いていて、また食べたくなってきました。

飲み物にお抹茶があったので、珍しいな、と思い頂きました。甘さと苦みがとっても良かったです。そしてご主人のこだわりの珈琲

なんさんどんぶりで珈琲ば出すて。)

真相はいかに。

わあたっぷり。これどんぶりじゃなくて、カフェオレボウルだよ。ほんとにラーメンの器みたいなのに出てくるかと思ってました。

木の向くままでは、スペシャルティコーヒーを出されているそうです。スペシャルティ珈琲とはプレミアムコーヒーの基準を満たしており、さらに風味・特性が最高ランクのグレードのコーヒー豆です。(各国に基準あり)せっかく美味しい珈琲なので沢山飲んでほしいなと思ってたっぷり入れています、とご主人がにっこり。この日の珈琲は苦みも酸味もマイルドで心が休まるようなお味でした。

こちらのお店、Cafeは火曜、水曜、木曜はお休みなので、レンタルスペースとしても借りれるそうです。一時間1000円(令和4年10月現在)。

ワークショップなどにどうぞとの事で、レンタルスペース使用後にお食事をされる場合はお食事のお値段を少しお安く提供しますとの事。こちらはお店に要相談です。

ワークショップをしてあーお腹空いたね、と移動せずにこちらでお食事できるのはとてもいいですね。

カフェの営業は月曜と金曜日11時~17時、土曜と日曜日12時~19時で、不定休などもあるようですので、090ー2967ー2148までお電話されると間違いないかと思います。

阿蘇のドライブがてら、珈琲だけでも喜んでお迎えしてくださいますよ。(決してどんぶり珈琲ではありません!)

では秋の良き日をお楽しみください。

cafe 木の向くまま

住所

阿蘇市内牧984−3

090ー2967ー2148

営業日

金曜日11時~17時(ラストオーダー16時半)

土曜日12時~19時(ラストオーダー18時半)

日曜日12時~19時(ラストオーダー18時半)

月曜日11時~17時(ラストオーダー16時半)

駐車場

3台

Instagram

cafe 木の向くまま(@cafe_kinomukumama) • Instagram写真と動画

電話番号 090ー2967ー2148

ライター紹介

ひらの

ひらの

ひたすら映画を見ながらひたすら洋服を作る女。水のある所が大好きです。

このライターが書いた他の記事

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

PUBLIC RELATIONS

【抽選で40名様にお肉5000円分プレゼント】肉好きに朗報!!新阿蘇大橋周辺の肉LOVEエリアへ遊びに行こう!!

2022.11.20

【11/23限定】市房ダムの湖底に今なら立てる!!

2022.11.19

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal