*
とじる
*
とじる
*
とじる

【熊本市南区】選べるバンズが新鮮!ライスハンバーガー屋さんとコッペパン屋さんが合体!「comecomeバーガー」&「キッチンBeriko」

ライター:ぎんじろう ぎんじろう
キーワード:

こんにちは ライターのぎんじろうです。

今回は南区にある「comecomeバーガー」&「キッチンBeriko」のご紹介です。


ご飯にする?パンにする?

旧浜線沿い、田迎小学校前交差点を南に少し。

スーパーキッド田井島店があるエリアに、ライスバーガーのお店「comecomeバーガー」とコッペパンのお店「キッチンBeriko」はあります。

まずはcomecomeバーガーのOCOMEバーガーメニュー。

続いてキッチンBerikoのべリコバーガーメニュー。

お気づきになりましたか!?

そう、挟む具材は同じ!

つまり!「ごはんにする?パンにする?」という選択ができるんです。

しかもご飯は九州産ひのひかり100%の白米バンズか、スーパー大麦入りの雑穀米かを選ぶことができます。

パンは熊本産小麦100%使用で、無添加、さらに卵不使用なので、お子様にも安心です。

米には肉でしょ!

<特選焼肉OCOMEバーガー 680円>

まずは白米でオーダーした特選焼肉OCOMEバーガー。

ライスバンズから完全にはみ出した焼肉にびっくり!

かぶりつくのがバーガーの醍醐味。

すごく食べ応えがあります。まさに焼肉定食を食べた感じ。甘辛いたれがご飯にピッタリでした。

<明太だし巻きOCOMEバーガー 620円>

次に、明太子好きの私には避けて通れないメニュー「明太だし巻きOCOMEバーガー」。写真を一目見た時から決めてました(笑)!!

ふわふわ、あつあつ分厚いだし巻き卵に、博多稚加栄の明太子がたっぷりのっています。

こちらは雑穀米バンズで注文。お米の表面が、焼きおにぎりのようで香ばしくて本当に美味しい。

ライスバンズからはみ出るだし巻き卵と明太子。

時々口に残る雑穀米のプチプチとした食感、厚みのあるだし巻きのふわふわ、さすが料亭稚加栄の明太子!奥深い味わい。

ライスバンズと具材の素敵なマリアージュに感動します。

旅館の朝ごはん和定食って感じです。

こうなるとパンでも食べてみたくなる。

<豚の角煮Berikoバーガー 560円>

トロットロでボリュームたっぷりな三元豚の角煮が口の中でほどけて幸せ。

パンはふわっふわです。噛むとギュッと沈み込むように縮んで、よく知っているハンバーガーのバンズとの違いを感じました。

中華料理の「割包」の組み合わせと同じ。合わないはずがないです。おいしかった。

他にもはかた一番どりの鶏のから揚げや、チキン黒酢南蛮、博多の名店ナイルのカレー。みつせ鶏を使った鶏のなす味噌!聖地、長崎松浦のアジフライなどなど。

ご飯にもパンにも合いそうでどっちを選択するか悩むようなメニューがたくさんでした。

コッペパンといえば給食で大人気のアレでしょ

ふわっふわのコッペパンのメニューは他にもたくさん。

おやつコッペメニュー

おかずコッペメニュー

コッペパンといえば、外せないアレは食べてみなければ!

<揚げパン Berikoコッペ 150円 (手前 きなこ 奥 ココア)>

そう揚げパン!

定番のきなこと、ココアをチョイスしてみました。

つかむとシュッとしぼむ驚きのやわらかさ!きめ細やかなコッペパン。

揚げパンってこんなに美味しかったっけ?

このココア、まぶしてあるココアが濃厚で、とってもリッチな気分になれました。

きなこは大豆の風味が香ばしく、素朴な味わい。さすが定番、揚げパンの顔のといっても過言ではないなと感じました。

<手作りミートソース Berikoコッペ 380円>

自家製のミートソースが贅沢!ふわふわのコッペパンにプリっとしたウインナーがクセになる!

この値段で買える満足度ではなかったです。

イートインコーナーや、待たずに買える電話注文予約もあり!

店舗奥はイートインコーナーがあります。

白基調の清潔感あふれるスペース。

出来立てをすぐ食べたいならここでいただきましょう。

待たずに買える電話注文予約もあります。

comecomeバーガーの商品もキッチンBerikoの商品も注文を受けてから作り始められるので、店内の状況によっては時間がかかることも…。

待たずに持ち帰るには電話予約がおすすめです。

お土産にもぴったり

持ち帰りのパッキングがかわいくて、何となく得した気分。

お土産にもピッタリだと思いますよ。

コッペパン。私がイメージしていた「安っぽさ」は微塵もなく、己の知識の古さに面喰いました。

進化してるんですね…

一度の来店で何通りもの楽しみ方ができて、大満足のcomecomeバーガー&キッチンBeriko。

ぜひ行ってみてください。

「comecomeバーガー旧浜線店」&「キッチンBeriko」

住所

熊本市南区田井島2丁目3-34

定休日

火曜日

営業時間

平日:11:00~18:00 土日祝:9:00~18:00

Instagram

https://www.instagram.com/comecomeburger.kitchenberiko/

あり

電話番号 096‐284-1550

ライター紹介

ぎんじろう

ぎんじろう

興味があればとりあえず始めて…形から入り道具をそろえるタイプ。 多趣味なのでものがあふれていますが、片づけは壊滅的に下手です。 声フェチでアニメ好き!夜な夜なアニメ視聴なので、割と慢性的に睡眠不足です。 ただ…睡眠時間が短くても影響なかった身体が、最近は言うことをきかなくなりました。

このライターが書いた他の記事

【菊池郡菊陽町】店内に小川!?素敵空間でいただく「The洋食」。シェ・入り江のワンプレートランチに酔いしれてきました。

2024.03.25

肥後ジャーナルをSNSでフォローする

肥後ジャーナル 編集部のおすすめ記事

PUBLIC RELATIONS

肥後ジャーナルをLINE@で友達追加!

右のQRコードをスマートフォンのカメラで読み込んで、肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

肥後ジャーナルを LINE@で友達追加していただいた方には、新しく更新された記事をお知らせします。

qrコード

ID:@higojournal